ライター : はるひ

食&雑貨マニア

子育ての息抜きは雑貨屋めぐりと料理。キッチングッズやアイデア収納の本を読むのも好きです。毎日がちょっとたのしく便利になる、気分を上げてくれる、そんな生活のヒントになるような…もっとみる

「コロコロ」の正式名称とは?

多くの人に「コロコロ」と呼ばれている掃除用具の正式名称は「粘着カーペットクリーナー」といいます。粘着ローラーが細かい髪の毛やほこりをしっかりキャッチしてくれ、掃除のときに大活躍。

軽くてどこにでも置くことができ、必要なときにさっと使えるのでとても手軽です。カーペットだけでなく、壁やカーテン、ベッドやソファなど、高さがあったり狭かったりして掃除機がかけにくい場所でも使えますよ。騒音の心配がなく、低価格で購入可能。部屋ごとや目的別に複数個持っておきたいアイテムです。

「コロコロ」はどんな場所に使える?

床をキレイにする

ほこりや髪の毛がたまりがちな床を掃除するなら、立ったまま使用できる柄が長いタイプがおすすめ。スタンド付きのものを選べば、部屋の隅に収納しておいてサッと使えます。

フローリングで使用したい場合は、対応した専用のものを購入しましょう。ゴミはしっかりキャッチしつつ、床にペタっと張り付くことを防いでくれますよ。

衣服をキレイにする

細かなほこりがついた衣類は印象が良くないですよね。そんなときにもクリーナーが大活躍。

衣類用のクリーナーはコンパクトなものが多く、外出先に持っていくこともできます。また、柄とローラー部分がまっすぐになっていて、服を着たまま使用しやすい作りになっている点も特徴です。

ソファ・ベッドをキレイにする

掃除機を使えないソファやベッドでも粘着クリーナーは大活躍。使う場所の近くに置いておいて、さっと取り出せる形が理想です。

柄が短く自立するものか、ケースが付いているものを選びましょう。ソファやベッドの横にコンパクトに収納できて、部屋が散らかることを防いでくれます。

散らかったペットの毛や砂をキレイにする

粘着クリーナーは犬や猫などのペットを飼っている人にもおすすめです。カーペットに付いた動物の毛や、動物用トイレのまわりの砂をさっと集められると助かりますよね。ローラーでゴミを吸着するまえにペットの毛を集める機能がついた商品もありますよ。

「コロコロ」の上手な使い方

大きすぎるゴミや大量の髪の毛がある場合は、あらかじめ取り除きましょう。こうすることで、効率的に細かいほこりを吸着できます。シャギータイプのカーペットは、毛足を逆立て、根本にローラーを押し当てるようなイメージで掃除するとよいですよ。

また、粘着テープははがしやすいものを選ぶと、掃除が終わったあとまでストレスフリーです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS