台湾の朝食を楽しめる。ダンビンと台湾茶の専門店「Dang Tea House 暖茶房」がオープン

ダンビンと台湾茶の専門店「Dang Tea House 暖茶房(ダンティーハウス ダンチャボウ)」が、2020年3月23日(月)に東京都渋谷区にオープンしました。台湾の朝食メニューとして定番のダンビンや、台湾から直輸入した台湾茶が楽しめます。

2020年3月25日 更新

ライター : macaroni_press

macaroni公式プレスリリースアカウントです。企業からの公式情報を元に、新発売や新店舗の案内、週末のイベント情報などをお届けします。新発売やイベントカテゴリの情報は日付順にもな…もっとみる

台湾のぬくもりをお届け「Dang Tea House 暖茶房」

もちもちの生地がおいしい台湾風クレープ「ダンビン」をご存知ですか。台湾では、定番の朝食メニューとして愛されているローカルフードです。
そんな「ダンビン」を時間を問わず食べられるお店が渋谷にオープンしました。オープン当初はテイクアウトのみの予定ですが、今後はイートインも展開予定。

落ち着いた店内で、台湾直輸入の台湾茶、サイドメニュー、アルコールドリンクなどもいただくことができます。

こだわりのダンビンと台湾茶

台湾の定番朝食メニュー「ダンビン」

ダンビンは、卵に小麦粉を加えた薄皮で具材を包み込んだもの。台湾では定番の朝食メニューですが、朝の時間帯しかお店で販売されていないため、台湾への旅行経験者でも食べたことがない人が多いかもしれません。
■ダンビン
・チーズダンビン 600円(税別)
​・ベーコンダンビン 500円(税別)
・キムチダンビン 650円(税別)
・ツナマヨダンビン 500円(税別)
・エビアボカドダンビン 600円(税別)
・ジャーマンポテトダンビン 600円(税別)

台湾の老舗茶館「奉茶(フォンチャ)」から直輸入した茶葉

「Dang Tea House 暖茶房」のオーナー自身が「奉茶(フォンチャ)」で茶葉の管理方法やお茶の淹れ方を学んでおり、渋谷にいながら本格的な台湾茶を飲むことができます。
お茶本来の味をそのまま楽しむだけではなく、各茶葉を使用したミルクティーやタピオカミルクティーもラインアップ。ドリンクの甘さは調節可能なので、自分の好きな味を探してみてくださいね!
■台湾茶
・鉄観音烏龍茶 400円(税別)
・凍頂烏龍茶 450円(税別)
・ジャスミン茶 400円(税別)
・緑茶 450円(税別)
・紅茶 400円(税別)
※すべてMサイズの価格。
今後は、サイドメニューやアルコールメニューも展開予定。

台湾にいる気分を味わえる

自宅でも台湾の「ぬくもり」を感じられるよう、料理だけではなく台湾から仕入れた台湾雑貨も販売されています。気軽に旅行気分を味わえるので、気分転換に足を運んでみてはいかがでしょうか。

店舗概要

「Dang Tea House 暖茶房(ダンティーハウス ダンチャボウ)」
■所在地:東京都渋谷区神南1丁目17-2 DIX神南ビルB1F
■電話番号:03-5422-3683
■オープン日:2020年3月23日(月)
■営業時間:11:00〜21:00
※当面はテイクアウトのみを予定。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS