玉ねぎの調理のコツ

生で食べる場合

辛玉ねぎは、切ってそのまま食べると文字通り辛いのが特徴です。

生で食べる場合は、まず玉ねぎの繊維を断ち切る方向に切ってみましょう。水にさらすと辛味以外の成分も逃すことがあるので、切ったらそのまま放置して空気に触れさせ、辛味を逃しましょう。水にさらす場合でも長時間は置かず、水からあげたあとは水分をきちんと拭き取るようにしましょう。

加熱して食べる場合

加熱して食べる場合は、ある程度食感を残すことがおいしい玉ねぎ料理を作るポイントです。この場合は生のときとは反対に、繊維に沿って切るようにすると、食感、そして型崩れを防ぐことができます。

おいしい玉ねぎを使えば、お料理がもっとおいしくなる♪

具材としても、お出汁としても活躍する玉ねぎ。常に旬の玉ねぎが店頭に並んでいるので、あとはいい品質のものを選ぶだけ!毎日のお料理が味わい豊かでおいしくなりますよ。今度玉ねぎを買うときには、今回ご紹介した見分け方を参考に、玉ねぎの状態を見ながら選んでみてくださいね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS