常識を覆す?-23℃で1週間冷凍熟成した「フローズンバウムクーヘン」が新発売

冷凍熟成製法が生み出した新感覚のバウムクーヘン「-23℃ フローズンバウムクーヘン」が、2020年2月18日(火)から発売。おしゃれなパッケージで、ギフトやホワイトデーのお返しにもぴったりです!バウムクーヘンとは思えない、斬新なデザインがポイントですよ。

2020年2月19日 更新

甘くない甘さの新感覚バウムクーヘン

「-23℃ FROZEN BAUMKUCHEN」は、2013年のある日、数日間冷凍庫で保存していたバウムクーヘンをたまたま食してみたら、独特の奥深いおいしさが生まれていることに気づき、開発されました。

おいしさの秘密は、冷凍庫の中でバウムクーヘンがひとりでに熟成されていたこと。今までのバウムクーヘンにはない「奥深くやさしい味」が作り出せるかもしれないと、冷凍熟成期間と素材の組み合わせを何通りも繰り返す研究を開始、7年という歳月の研究を経て、ようやくひとつの完成形にたどり着いた至極の作品です。

商品に対するこだわり

奥深い味わいがクセになる「1週間の冷凍熟成」

ひと晩寝かせたカレーは独特の「コク」が出ておいしくなるように、バウムクーヘンも寝かせてみたら奥深いおいしさが広がり、独特の食感が生まれます。

何度も研究を重ねた結果、絶妙なおいしさを生み出す「-23℃で1週間」という工程を経て作られているんです。

膨張剤、安定剤は一切不使用「こだわりの完全無添加素材」

子どもから大人、さらには妊婦さんまで安心して食べられるように、膨張剤・安定剤を一切使わない完全無添加なので、ギフトにもぴったりです。

大量生産じゃない「ひとつひとつ、職人の手作り」

中が詰まっていて食べ応えのある生地は、素材の味がギュっと凝縮されていて、ひんやりとしながらやさしく甘い味わい。

その秘密はバウムクーヘン本場ドイツの伝統製法「別立て製法」にあります。たくさん作ることよりも、手間を惜しまずにひとつひとつおいしく丁寧に作ることが優先されているんですね。
ひと口食べてみると、このバウムクーヘンは今までのバウムクーヘンとは何かが違うことに気づくはず。ぜひ、味わってみてくださいね。

商品概要

名称:-23℃ FROZEN BAUMUKUCHEN(マイナスニジュウサンド フローズンバウムクーヘン)
販売開始日:2020年2月18日
販売価格:2個セット 2,938円(税込)
サイズ:約160×50×30(mm)
販売店:-23℃ オンラインストア
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS