ライター : 白江 和子

管理栄養士

関西在住の主婦です。専門的な話題もわかりやすく、また楽しくお届けできるように頑張ります!よろしくお願いいたします。

フィッシュオイルの効果は?

糖尿病のリスクが低減

GLP-1は、血糖値が高いときにのみインスリン分泌を促進する性質を持つホルモン。このGLP-1の分泌をフィッシュオイルによって、促進されることが近年の研究で明らかになってきました。 GLP-1 は 2 型糖尿病患者においてもインスリン分泌を促進し血糖値を改善、それでいて低血糖が生じにくい利点があり、2 型糖尿病の治療薬としても用いられるています。(※1)

食欲抑制する働きも……?

GLP-1 は、「やせホルモン」などとも呼ばれ、ダイエット効果が期待されている今話題のホルモンでもあります。 GLP-1 は腸から分泌されるだけでなく、脳の神経細胞からも分泌されており、主に脳で分泌される GLP-1 によって、食欲抑制・胃運動抑制の作用があることが明らかになっています。そしてフィッシュオイルは、このGLP-1の分泌も、促進する働きがあるのです。(※1,2)

フィッシュオイルはサプリメントで摂ることもできる

サプリメントで摂ることのメリット

フィッシュオイルは、サプリで摂ることもできます。サプリなら、手軽にいつでも摂り入れられるので、食事のメニューに左右されることもありません。 付き合いなどで、思うように魚を食べられないようなときでも大丈夫。また魚料理が苦手な方も、簡単にフィッシュオイルを摂ることができます。
※サプリは摂り方によって、体に変調をきたす場合があります。食事だけでは不十分なところを補うような摂り方がおすすめです。また薬を服用の場合は、医師、薬剤師にご相談ください。(※3)

もちろん食事からとりいれてもOK!

もちろんフィッシュオイルは、食事からも摂取できます。多く含まれているのは、いわしやさば、さんまなどの青魚です。脂肪分が多い部位に豊富で、マグロならトロの部分に多く含まれています。脂がのった旬の青魚も豊富です。 また缶詰に加工されたさば缶やさんま缶でもフィッシュオイルを摂り入れることができます。(※4,5)ライフスタイルに合わせて、上手に取り入れてくださいね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS