ライター : macaroni_press

macaroni公式プレスリリースアカウントです。企業からの公式情報を元に、新発売や新店舗の案内、週末のイベント情報などをお届けします。

シンガポールの名所が日本にやってきた!

「CÉ LA VI SINGAPORE」Marina Bay Sands
シンガポールのシンボル的リゾート「Marina Bay Sands(マリーナベイ・サンズ)」。その57階にあるレストラン『CÉ LA VI(セラヴィ)』が日本に初上陸しました! マリーナベイ・サンズといえば、この世界最大の屋上プール。シンガポール旅の鉄板スポットということで知っている人も多いのでは? 12月5日に開業した「東急プラザ渋谷」の屋上にオープンとのことで、macaroni編集部も心を躍らせながら行ってきました♪

東急プラザ渋谷「CÉ LA VI TOKYO(セラヴィ トウキョウ)」

ミクソロジー×音楽×料理を軸にした大人の社交場

「CÉ LA VI TOKYO」では、3つの空間を楽しめます。革新的なモダンアジアン料理を提供するファインダイニング、テイクアウトもできるアジアンカジュアルダイニング、そしてクラブラウンジ。
また、シンガポールや香港など世界中のCÉ LA VIのスタッフが、この「CÉ LA VI TOKYO」に集結。国際色豊かでホスピタリティあふれるサービスが合わさることで、より上質な時間が作られます。

注目ポイント「とにかくテラスがすごい!」

Photo by macaroni

レストラン内の様子やメニューについてご紹介する前に……。先にお伝えしたいのがテラス席と展望!

Photo by macaroni

一部のテラス席には、「マリーナベイサンズ」の世界最大屋上プールを彷彿とさせる、水の演出があります。 本場にくらべるともちろん規模は小さいですが、行ったことのない筆者は「写真で見たアレだ……!」とすこし興奮してしまいました。

Photo by macaroni

日本文化を感じられるテラス席も発見!渋谷の街を背景にたたずむ、盆栽の庭園がすてきです。

Photo by macaroni

さらには、白とグレーでまとめられた大人のためのパーティー席があり……。

Photo by macaroni

まるでヴィラにいるような気分を味わえる、天蓋つきのくつろぎエリアもありましたよ。

Photo by macaroni

スクランブル交差点を見下ろしながら、食事を楽しめる席も。 渋谷での過ごしかたを変えるロマンチックな空間がそこにはありました。

シーンに合わせて選べる “3つの空間”

「CÉ LA VI RESTAURANT & SKY BAR(セラヴィ レストラン スカイバー)」

予算:ランチ2,500円~/ディナー10,000円〜

新鮮な肉や野菜、シーフードは、熟考されたレシピによって革新的なアジアン料理へと昇華し、ゲストの視覚を魅了します。
さまざまな国にインスパイアされた料理には、日本ではなかなか見かけないスパイスも使用しており、まるでアジアの国々をめぐっているかのような気分に。さらにSKY BARから望める絶景が、より一層贅を極めた時間へと導きます。

カフェ&バー「BAO by CÉ LA VI」

Photos:14枚
シンガポールのセラヴィ
セラヴィのテーブル席
セラヴィからの渋谷の風景
セラヴィの内観
テラスの盆栽
シャンパンとテラス席
天蓋のついたソファ席
スクランブル交差点越しの乾杯
Tボーンのステーキ
ホタテの前菜
2種類のBAO
数々のカクテル
カクテルと風景
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS