ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

想像の斜め上をいく。無敵のごはん泥棒発見!

Photo by muccinpurin

間もなく迎える新米の季節。みなさん、ご飯をかき込む準備はできてますか? 数多くのご飯泥棒がそろうカルディで、気になるごはんのお供を発見。その名も「明太子なめ茸」。無類の白米好きな筆者が、炊き立てごはんを片手にレポートします!

これは罪な味…「明太子なめ茸」

Photo by muccinpurin

「明太子なめ茸」410円(税込)
それだけでもご飯がすすむなめ茸に、これまたご飯と相性抜群の明太子。名前を聞いただけでもたまらない「明太子なめ茸」。 「なんで今まで思いつかなかったんだろう……」というほどの身近な2品の組み合わせに、さすがとしか言いようがありません。 瓶から覗くちょっぴり赤めのなめ茸に、もうご飯がすすむ気しかしません。

Photo by muccinpurin

フタを開けてみると、その予感が確信に変わりました。明太子のピリッと辛い香りの奥に、ほんのりと香る甘じょっぱいなめ茸の香り……。もう、食欲が刺激されまくりです。 原材料を見てみると、キムチ調味料、辛子明太子、にんにく……と、ご飯がすすむもののオンパレード。 しかも、特筆すべきは国産のえのきを使っているところ。生産量日本一の長野県のえのきを使っていると、カルディの店頭でもポップで案内していました。

まずは、炊き立てごはんでいただきます!

Photo by muccinpurin

炊き立てのご飯に明太子なめ茸をのせて、冷めないうちにいただきます♪ のせた瞬間、明太子の香りがふわっと立ち上り、たまりません!明太子のピリ辛味のおかげで、お米の甘さをしみじみ感じます。とろり、シャキシャキっとしたなめ茸の食感もよく、ご飯一粒一粒をしっかりとコーティング。これはおいしい……。

Photo by muccinpurin

通常のなめ茸よりも、明太子とキムチでしっかりと味がついているので、少量でご飯がどんどん進みます。 残念ながら、今回新米は間に合わなかったものの、これが新米だったと思うと想像を絶するおいしさなのではとワクワク♪ とにかくご飯との相性は150%、最高でした!

余ったそうめんで「めんたいなめ茸にゅうめん」

Photo by muccinpurin

夏に買いだめしたそうめんを使って、明太子なめ茸にゅうめんにアレンジ。 ゆでたそうめんに明太子なめ茸と刻んだみょうが、オクラをのせて出汁を張ったら、豪快に混ぜて召し上がれ♪ オクラのねばねばとみょうがのほろ苦さが、明太子なめ茸と合わさり、ピリ辛のオトナにゅうめんに。子どもには内緒にしておきたいおいしさです。

寒い日は「かきたまめんたいなめ茸スープ」で

Photo by muccinpurin

ちょっと冷え込む夜は、かきたまスープに明太子なめ茸をひと匙入れて、まぜまぜ……。とろみのついたスープにピリ辛味がクセになる、ご飯が進むかきたまスープの完成です! スープのベースは、鶏ガラでも和風でもお好みで。明太子なめ茸の味がしっかりとしているので、スープの味は控えめでも充分おいしくなりますよ。

もう、とにかくご飯が止まりません…!

Photo by muccinpurin

お店で見つけたときから、おいしい予感はしていましたが、想像の斜め上を行くごはん泥棒っぷりだった、カルディ「明太子なめ茸」。 ご飯はもちろん、スープやそうめんなど、どんな食材も控えめに言って3割増しでおいしくしてくれる、無敵の調味料でした。 カルディの公式オンラインストアでは、人気のあまりひとり3点までの購入制限がかかっていたので、お早めにどうぞ。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS