普通炊きと何が違う?炊飯器の「早炊き機能」の4つの便利ポイント

炊飯器のメニューにある「早炊き」の項目。時間を短縮したいときに便利な機能ですが、果たして普通炊きとの違いはなんなのでしょうか?今回は、早炊き機能の特徴や普通炊きとの違い、早炊きでごはんをおいしく炊く方法について確認します。コツをおさえてかしこく早炊き機能を活用しましょう♪

2019年10月2日 更新

炊飯器の早炊き機能とは

人気の炊飯器には、ほとんどの場合「早炊き機能」が付いています。最新の炊飯器になると約15分ほどと、非常にスピーディーに炊き上がるのがメリットです。

一方で気になるのが、早炊きと普通炊きの違い。なぜ早炊きは少ない時間で炊けるのか、味わいや電気代に違いあるのか……今回は、早炊きの気になるポイントについてチェックしていきましょう。

「普通炊き」と「早炊き」の4つの違い

1. 炊き方の違い

早炊き機能が普通炊きの大きな違いは"炊飯工程"。

ごはんを炊くとき炊飯器のなかでは、「予熱(吸水)」→「沸騰・沸騰維持(炊き上げ)」→「蒸らし」という流れで炊飯がおこなわれてます。

早炊き機能では、「予熱(吸水)」と「蒸らし」の工程を短縮、あるいは省くことで全体の炊飯時間を短縮しています。

2. 味の違い

早炊き機能では「吸水」の工程を省くのが特徴的。水の浸透が十分でないため、ごはんがすこし固めに炊き上がる傾向があります。また、「蒸らし」の工程も省くため、水分が飛びきらずすこし水っぽい仕上がりになることも。

とはいえ、最近の炊飯器は性能が上がっているため、早炊きと普通炊きで味わいに大きな差異はないようです。

3. 電気代の違い

早炊きでは「吸水」「蒸らし」の工程を省きますが、もともと普通炊きでもこの工程には大きな電力は使われていません。また、炊飯器によっては早炊きの方が、「炊き上げ」工程の消費電力が高くなることもあります。

このような点から、普通炊きと早炊きでは電気代に大きな違いは出ないことが一般的。電気代を節約したい場合は、「エコ炊飯」機能が搭載されている炊飯器を選ぶとよいでしょう。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

tumu

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう