贅沢なおいしさが大集結。東京ドームホテルで「北海道フェア」が開催

2019年8月20日(火)から12月19日(木)の期間、東京ドームホテルのスーパーダイニング「リラッサ」において、『北海道フェア 2019』が開催中。毎年大好評のフェアは今年で17回目。北海道庁後援のもと、良質な食材と魅力的なご当地メニューが大集結します。

2019年9月2日 更新

東京ドームホテルの『北海道フェア 2019』第1弾

“北海道の美味しい食材を東京で味わってもらいたい”という想いからはじまった東京ドームホテルの『北海道フェア 2019』。シェフ自ら多くの地を実際に訪れ出会った、良質な食材と魅力的なご当地メニューを楽しめます。
今年は函館・十勝帯広エリアを中心に19箇所の地を訪問。60種類を超える食材を、洋食・中華・和食・スイーツのバラエティ豊かなブッフェスタイルで堪能できます。
第1弾では、北海道産紅ズワイ蟹や北海道産いくら、栗山町日原メロン(日原グループ)をはじめ、えりも産ししゃもの天麩羅や北海道グルメのジンギスカンなど、視察で訪れた生産者の方々の想いがたくさん詰まった魅力あふれる北海道食材を中心に、シェフこだわりのアレンジメニューが登場します。

おすすめメニューはこちら

第1弾:8月20日(火)~9月30日(月)

北海道産紅ズワイ蟹のボイル(ランチ・ディナー共通)

本フェア一押しメニューは、北海道江差町で水揚げされた紅ズワイ蟹。素材を活かしたボイルでいただくことで、素材の甘さと食べ応えをそのままの美味しさで楽しめます。

栗山町日原メロン(日原グループ)

水はけの良い火山灰地、昼夜の寒暖差の激しい北海道栗山町で育まれた日原メロンは、糖度が高く品質の良いのが特徴で、毎年大人気です。毎年開催時期に合わせて東京ドームホテル専用の畑で栗山町日原グループの皆様によって栽培されています。
今回、ランチではマーブルアイス・ホイップクリームなどでアレンジしたプティパフェ、ディナーでは切りたての香りと味わいを楽しめるカッティングサービスで提供されます。

北海道産いくら飯(ディナー限定)

本フェアでも大人気の北海道産いくらは、鮮やかに盛り付けられて登場。いくらの旨味が詰まった濃厚な味わいを楽しめます。(※ランチタイムには「サーモンと北海道産いくらの親子飯」として北海道産いくらの提供です)
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_press

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう