麦味噌は特に食物繊維が豊富!

麦味噌ならではの魅力としては食物繊維があげられます。 糖質の消化・吸収を穏やかにしてくれる水溶性食物繊維は米味噌の0.3~0.6gに対して0.7g含まれており、お通じを改善してくれる不溶性食物繊維はなんと米味噌・豆味噌と並べてもトップの量なんです。(※1)

素材の魅力引き出す 麦味噌を使ったおすすめレシピ5選

1. 野菜の甘味がつまった「酒粕入り麦味噌豚汁」

野菜がたっぷりの豚汁は麦味噌で作るのにうってつけのメニュー。玉ねぎや根菜、豚肉の甘味が麦の香ばしさ満点の味噌汁に溶け出して絶品ですよ。生姜入りで体もぽかぽか、寒い日に食べたいひと品です。

2. ホクホクおいしい「麦味噌れんこん和え」

れんこんを切って重ね、玉ねぎやキャベツと一緒に野菜自身の水分で蒸し煮にしたらそれを調味料で和えるだけ。簡単なのでもうひと品足りないというときにさっと作れますよ。白ごまペーストと麦味噌の香ばしさが食欲をそそります。

3. 簡単おしゃれ「くるみとチーズの麦味噌カナッペ」

材料を混ぜてバゲットにのせるだけなのにワインにも合うおしゃれなカナッペに大変身。クルミの甘味とマーマレードの苦み、クリームチーズの酸味を麦味噌がまとめ上げてくれますよ。最後に粗挽きコショウをふると味がぐっと締まります。

4. チーズがとろ~り「カリフラワーの麦味噌ヨーグルトグラタン」

酸味とコクのあるチーズも、あっさりとした甘さの麦味噌とは相性抜群。ホクホクとした食感がおいしいカリフラワーを使った麦味噌風味のグラタンはお子様にもおすすめのレシピです。

5. こんがり香ばしい「麦味噌焼きおにぎり」

香ばしい焼きおにぎりは子供から大人まで大好きな大人気メニュー。今回は麦味噌を使ってより甘く、香り高く仕上げました。大葉の香りがアクセントになっていくつでも食べられてしまいそう。お弁当にも大活躍しそうなひと品です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS