ライター : Raico

製菓衛生師 / スイーツ&フードアナリスト / フードライター

情報誌の編集・ライターとして出版社に勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修業を重ね、デザート商品開発に携わる。一方でフードコーディネーター、ラッピ…もっとみる

フランスの人気焼き菓子「カヌレ」とは?

カヌレとは、正式名「カヌレ・ド・ボルドー」というフランスの洋菓子のこと。ボルドーの修道院で作られていたお菓子で、蜜蝋を入れてカヌレ型と呼ばれる小さな溝のついた型で焼かれ、外側はこげ茶色の焼き色が付き香ばしくて固く、中はしっとりとしてやわらかい食感です。 ワインの名産地ボルドーではワインの澱を取り除くために卵白が使われていて、余った卵黄を利用するために考え出されたようです。

主な原料と作り方

鍋で牛乳を温め、小麦粉、バター、砂糖、卵、ラム酒などを加えて生地をこし、半日ほど寝かします。蜜蝋(またはバター)を塗ったカヌレ型に生地を流し込み、オーブンでじっくりと焼き上げて作ります。 蜜蝋を型に塗り込むことで、外側の独特のツヤが出て、カリカリとした食感に仕上がります。

カヌレのカロリーと糖質

直径5.5cmのカヌレ1個当たりのカロリーは152kcalで、糖質の量は24.9g(※1)。脂質や糖質が多くカロリーの高い洋菓子です。 またカヌレ1個に含まれるそのまま食べるほか、生クリームやジャム、フルーツを添えて食べることもあるので、その場合はさらにカロリーと糖質がプラスされます。

カヌレはダイエット中には注意

カヌレは脂質や糖質が多くカロリーの高い洋菓子ですが、カロリーが高いわりに腹持ちが悪いため、ダイエット中には注意が必要な食品のひとつです。ただどうしても食べたいときには、市販のものではなく手作りするのがおすすめ。 ご家庭でカヌレを作るとき、型に塗るのは手に入りやすいバターを使うことが多いですが、蜜蝋を使うとカロリーを低く抑えることができます。また生地に使う砂糖をはちみつに変えたり、小麦粉の量を減らしたりして、使う材料を工夫してみましょう。

低カロリーなカヌレレシピ

生地に使う牛乳を豆乳に変えるのも、カヌレを低カロリーに作るコツのひとつです。豆乳を使ったソイカヌレ・ド・ボルドーのレシピで、深みがありつつも少しあっさりとしたカヌレに仕上がりますよ。おいしいですが食べすぎないようにしてくださいね。

カヌレは小さくてかわいい! でも食べすぎには注意

手土産などでいただくことも多いカヌレは、小さくてかわいらしい見た目なのに意外にカロリーや糖質が高いお菓子なんです。おいしいのでつい手が伸びてしまいがちですが、ダイエット中の方は注意してくださいね。 どうしても食べたいときは、使う材料を工夫すれば、カロリーを抑えたカヌレを作ってみるのもおすすめですよ。でも食べすぎには気を付けましょう。
【参考文献】
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS