ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

固めプリンが新トレンド!

プリンはどのタイプが好きですか?とろける系、しっかり固め、カラメルソースの苦さや量など、それぞれ好みがありますよね。 不動の人気かと思われたとろける系ブームも落ち着き、昔懐かしい固めプリンがトレンドになっています。卵の素朴な香りとしっかりとした固さ、まさに昔からある喫茶店のプリンがお手本です。 全国に波及し続ける喫茶店プリンが味わえる名店をまとめてみました。

1. 浅草「Feb's coffee & scone」

東京メトロほか「浅草駅」から徒歩約10分。言問通りの交差点にある「フェブズ コーヒー&スコーン (Feb's coffee & scone)」は、浅草の人気喫茶「フェブラリーカフェ(FEBRUARY CAFE)」の姉妹店として2017年秋にオープンしました。 同店のプリンは、完全数量限定。人気のメニューだけに出会うのは至難の業と言われています。

とにかく濃厚!焦がしキャラメルがポイント

「焦がしカラメル濃厚プリン」650円(税込)
真っ白なクリームと深い焦げ茶色のカラメルのコントラストが美しい「焦がしキャラメル濃厚プリン」。トップにちょこんとのった真っ赤なサクランボがまたレトロで、一層喫茶店感を増していますね。 しっかりと固めのクリームと、ほろ苦いカラメル、そして固めのプリン。これぞクラシックプリン!と言わんばかりの固さで、人気なのもうなずけます。 この絶妙なバランスに魅了され、週末はプリンを求めるファンがあとを絶ちません。早々に売り切れることもあるので、プリンがお目当てならお早めにどうぞ♪

2. 神保町「DIXANS」

プリン好きの憧れともいわれるのが、神保町にある「ディゾン(DIXANS)」の「焼き上げプリン」。 JR「神保町駅」から徒歩約3分とアクセス抜群なのにもかかわらず、シックで落ち着いた雰囲気のなかゆっくり過ごせるとあって、2018年1月のオープンからひそかな人気になっています。

パティシエが作る固め食感が絶妙!

ディゾンで提供されるケーキは、武蔵小山のパティスリー「ドゥボンクーフゥ」のもの。もちろんプリンもそのひとつで、ディゾンだけでしか味わうことができないプレミアメニューなんです。 艶っぽさを残したやわらかなクリームと、バニラビーンズを贅沢に使ったプリン。しっかりとした固さながら、口に入れるとなめらかに溶けていく不思議な食感が味わえます。卵のコクとほろ苦いカラメルのコントラストにもうっとり……。 ドリンクとセットなら1,200円とお得なので、パティシエ自慢のプリンをお好みのドリンクと一緒にじっくりと楽しんでみては?

3. 代田橋「バターマスター」

京王線「代田橋駅」から徒歩約10分、住宅街にありながらプリン好きが集まるのが「バターマスター」。ゆるいくまのキャラクター「ブトゥルム」の看板が目印です。 バターマスターはフィナンシェの専門店ですが、連日できる行列のお目当てはプリン。インパクト強めのキャラクターだけが話題なわけではありません。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS