ライター : mamhiroe

アスリートフードマイスター / オーガニックフードソムリエ

RYT200ヨガ&アーユルヴェーダ修了。元LomiLomiセラピスト。 男子3女子1、子供4人のママ。Hawaiiをこよなく愛する♡ 「身体・心・食の3つをバランスよく、何事もシンプルに」がモット…もっとみる

まるで焼きたて?カルディの冷凍パン

Photo by mamhiroe

カルディといえば、種類豊富な商品ラインアップが魅力。冷凍コーナーには、スイーツやアイス、パンなども陳列されています。今回は、そんななかから「これが冷凍なの……?」と思わず驚いてしまう、絶品ベーグルをご紹介します。

ニューヨークベーグル プレーン

Photo by mamhiroe

198円(税込)
2種類のうち、まずは「ニューヨークベーグル プレーン」から。手に取ってみると、冷凍されているのもありややずっしりと感じます。かちかちに凍ったベーグルは、なんだか不思議な感じですね。

Photo by mamhiroe

198円(税込)
2つ目は「ニューヨークベーグル ブルーベリー」。プレーンの生地に、ブルーベリーが混ぜ込まれています。パッケージの上からも、ブルーベリーがたっぷり混ぜ込まれているのがわかります。

トースターかレンジで解凍も楽々!

Photo by mamhiroe

解凍方法は簡単!レンジかオーブントースターで温めるだけ。自然解凍でもおいしくいただけますよ。 筆者は、プレーンベーグルを自然解凍後、アルミホイルで全体を包んでオーブントースター(900W)で6分ほどリベイクしてみました。

Photo by mamhiroe

ホイルを開けてびっくり、つやっつやの焼きたて風ベーグルが完成していました。表面は弾力があり、ふわふわの中にもよい反発力があります。焼きたてパンのいい香りが広がりますよ。

Photo by mamhiroe

横にカットをすると、思っていた以上に中はしっかりと生地がつまっています。しっかりと生地がつまっていますが硬さはなく、モチっとした感じです。低反発クッションのような心地よい弾力ですね。 口にいれると、香りと甘さが広がりました。生地の食感は、まさにモチッフワッ!生地のパサつきや硬さはなく、ほどよくしっとりやわらかいのでどんどん食べられます。やさしい甘さも加わって、手が止まりません。

ニューヨークベーグル ブルーベリー

Photo by mamhiroe

ブルーベリーベーグルは、自然解凍後ホイルをせずにそのままオーブントースターへ。ホイルをしたときより、表面がパリッと焼きあがりました。 表面はパリツとしていますが、中はモチフワ状態。焼きたてパンの香りにブルーベリーの甘い香りも加わって、キッチンが甘い香りでいっぱいです♪

Photo by mamhiroe

パリッとはじけそうな表面をざくっと切ってみると、モチフワ生地の中に大粒のブルーベリーが混ぜ込まれているのが見えますね。ブルーベリーが入っているからか、しっとり感はプレーンより感じられます。 ブルーベリーの爽やかな酸味とベーグル生地の甘さのバランスが絶妙です。生地はプレーン同様、フワッとしつつモチッとした食べ応えがあるので、子供のおやつにもいいですね。

どんなアレンジをしてみようか…

プレーンでトリュフ香るたまごサンドに♪

Photo by mamhiroe

朝食にもぴったりのたまごサンドを作りました。たまごフィリングは、ゆで卵・リコッタチーズ・少量のマヨネーズ・トリュフ塩を。リコッタチーズを使うとカロリーを抑えつつ、しっかりタンパク質もとれますよ。味をひきしめ、香りを良くするためにトリュフ塩をしっかり目に。 やさしい甘さのあるプレーンベーグルと、トリュフ塩の効いたたまごフィリングのマッチングがたまりません。大人のたまごサンドと思っていましたが、我が家の小学生の末っ子も喜んで食べていました♪

ブルーベリーはチーズと合わせて

Photo by mamhiroe

ブルーベリーベーグルは、シンプルにマスカルポーネチーズと合わせました。酸味のないマスカルポーネチーズは、とってもクリーミー。 ブルーベリーベーグルと合わせるとスイーツのようだけれど、さっぱりといただけます。ちょっと遅めのゆったり朝ごはんに、ミルクティーやラテと合わせてのんびりと食べたくなりました。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS