【恵比寿】禁断のお酒!?ハーブ系リキュール『アブサン』専門のBAR「Tram(トラム)」

アブサンというハーブ系のリキュールが最近人気を博しています。恵比寿にあるTram(トラム)というバーに行ってまいりましたので、レポート。雰囲気もとても良く、アブサンというお酒のスタンダードを教えてもらいました。実はこのアブサン、とても魅惑的なお酒なのでした。

アブサンとは??

アブサンとは、ニガヨモギを主体に各種ハーブを原料とし、鮮烈で複雑な芳香と深遠で特異な味わいを持つ緑色のリキュール酒です。19世紀のヨーロッパを稀なる存在感で席巻し、「緑の妖精」、「緑の美神」そして「緑の悪魔」などと呼ばれました。

出典: www2.ocn.ne.jp

実はこのアブサン、一時期販売を禁止されていた。

ゴッホが晩年自分の耳を切り落としたのはアブサンの飲み過ぎとの逸話や、Lanfray murders事件(アブサンを飲んだ後に家族を銃殺し、自殺するショッキングな事件)が起こったりした。

出典: www.absinthe.jp

おいおい、このお酒大丈夫なのかい。。。

現在のアブサン

1981年にWHOが、ツヨン残存許容量が10ppm以下(ビター系リキュールは35ppm以下)なら承認するとしたため、製造が復活。禁止国であったスイスでも2005年3月1日に正式に解禁された。

出典: ja.wikipedia.org

アブサン専門BAR「Tram(トラム)」

そんなアブサンを当時のスタイルで飲めるBARが恵比寿にある。


それがBAR「Tram(トラム)」。
入り口を空けると、そこはオーセンティックな空間が広がっています。

扉を開けると、

少し緊張しちゃいました、私。
素敵。
とっても良い雰囲気。

家具もヴィンテージなものが多く、

時が止まっているよう。
席について、メニューを広げます。

キター!アブサンリストです。

何を頼んでいいのか分からなかったので、

ネーミングで”シャルロット”にしました笑






待つ事、数分。


え!?なんですの!?これわ!!
そう、アブサン本来の飲み方をするための、

ファウンテンという給水器。




アルコール度数が高く70%前後のものが多い。低いものでも40%程度、製品によっては89%を超えるものもある。薄く緑色を帯びており 水を加えると非水溶成分が析出して白濁する。色と白濁の度合いは製品によって大きく異なる。

他のリキュール類と異なる、特殊な香りと味を持っている。

そのまま飲むこともあるが、度数が高いため薄めて飲んだり、特異な香気があるためカクテル材料としても用いられる。

出典: ja.wikipedia.org

薄めて飲む場合、角砂糖に垂らす方法がよく知られており、しばしば「アブサンスプーンをグラスの上に渡してその上に角砂糖を置く」という形で供される。パブでは、グラスの上に渡した角砂糖をアブサンで湿らせて着火し、ミネラルウォーターを注いで消火し、アブサンスプーンでよく混ぜたものをクラシックスタイルとして提供している。

出典: ja.wikipedia.org

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

mayo

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう