台湾のおすすめグルメ16選!夜市グルメやスイーツも

台湾旅行といえばグルメ。中華圏のおいしいものは台湾にある、という声もよく聞きます。皆さんはどんな台湾料理が好きですか?今回は定番のお料理から、夜市や屋台で楽しむB級グルメ、そしてタピオカミルクティーやマンゴーかき氷といったスイーツなど、台湾を代表するグルメをご紹介します。

2019年3月25日 更新

台湾の定番・有名グルメ6選

1. 小籠包(シャオロンバオ)

小籠包は、もともとは中国から伝わったお料理で、台湾料理というわけではありません。しかし、今では台湾を代表するグルメの代表!「鼎泰豐(ディン タイ フォン)」「明月湯包(ミンユエタンパオ)」など、小籠包専門店は日本人にも大人気のお店です。 食べ方が少し複雑ですが、お店には日本語で食べ方を教えてくれるメニューがあるので安心♪

2. 水餃(スイジャオ)

Photo by Snapmart

こちらは台湾の水餃子「水餃(シュイジャオ)」。焼き餃子よりももっちり厚めの皮で包む水餃は、スープと合わせて食べるのが台湾風!酸辣湯(サンラータン)やコーンスープなどと一緒に注文したり、または水餃がスープに入ったメニュー「湯餃(タンジャオ)」も定番のメニューです。 水餃は台湾全土、有名店から屋台ででも味わうことができるので、食べ歩くのも楽しそう♪

3. 牛肉麺(ニユウロウミエン)

Photo by Snapmart

煮込んだ牛肉と麺のお料理「牛肉麺(ニユウロウミエン)」。台湾の麺料理は、スープ入りのものと、スープなしの「乾」があります。乾で注文してもスープがついてきます。 牛肉麺は場所によって味わいが変わってきます。甘めのやさしい味わいを楽しみたい方は台湾南部へ。豆板醤などを加えた少し辛めで、濃い味わいを求めている方は北部でお店を巡ってみてください。

4. 魯肉飯(ルーローファン)

Photo by Snapmart

台湾のごはん料理の代表的メニュー「魯肉飯(ルーローファン)」。ごはんを扱うお店になら必ずある定番中の定番。お店や家庭によって味わいが変わるので、旅行中は毎回魯肉飯(ルーローファン)をオーダーして食べ比べてみましょう。 台北なら「金峰魯肉飯」が人気!行列必至ですが、回転率が高いのでそこまで待たずに座れますよ。

5. 鶏肉飯(ジーローファン)

Photo by Snapmart

先ほどご紹介した「魯肉飯(ルーローファン)」とは打って変わって、あっさりめの味付けがおいしい「鶏肉飯(ジーローファン)」。台湾の南部に位置する嘉義(ジャーイー)という街が発祥の地と言われています。台北市内でも、鶏肉飯屋さんの名前には嘉義の名前が入っている場合が多くあるので、チェックしてみてください。

6. 麺線(ミエンシェン)

Photo by Snapmart

麺線(ミエンシェン)は、そうめんを蒸した細い麺を、温かいとろみあるダシが効いたスープで煮込んだ料理のことを言います。台湾のファストフードと言われることもあります。 台北の西門町にある「阿宗麺線」はローカルにも観光客にも大人気。麺線は夜市や屋台などいたるところで売っていますが、初めての麺線にはぜひ、台北で「阿宗麺線」を食べてみてくださいね♪
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS