時短につながる

お野菜を同じ厚さ・大きさにカットするのは意外と時間がかかるもの。野菜カッターをセットしている間に包丁で切れるのでは?と思う方も多いようですが、実際に使ってみるとその手軽さに驚くはず。 お野菜の下ごしらえにいつも時間がかかってしまう、という方はぜひ野菜カッターを使ってみてください。時短につながって毎日の調理がぐんと楽になりますよ。

見栄えがよくなる

包丁で切ると、どうしても厚さや大きさにバラつきがでてしまいますよね。野菜カッターを使うと簡単に同じ厚さ・大きさにそろえることができるので、お料理の見栄えが良くなります。プロの方も野菜カッターを使っているという声もあるほどなので、その実力はお墨付き。 また、トレンドの野菜ヌードルや網目模様のポテトなども野菜カッターがあればおうちで簡単に作れるので、おもてなしにもおすすめです。

【手動】人気の野菜カッター5選

1. 6種類のプレートが充実「野菜カッタースライサー調理器セット」

ITEM

野菜カッタースライサー調理器セット6機能

サイズ(最大部分):縦30cm×高さ11cm

¥1,999 ※2019年03月13日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

おろし・スライス・千切り・ツマ切り・花型切りなど6種類のプレートがセットになった野菜カッターです。指切り防止ストッパーもついているので、お野菜をムダなく最後までキレイに切ることができます。 受け皿の底には滑り止めがついていて、調理台の上でずれることなく安定感があります。

2. 野菜スティックを作るなら「タイガークラウンスティックカッター」

ITEM

タイガークラウンスティックカッター

サイズ:約直径102×135mm

¥982〜 ※2019年03月13日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

大人も子どもも大好きな野菜スティック。自分で切ると大きさが不ぞろいになってしまう、という方におすすめなのがこちらの商品です。 お野菜を入れて安全フードを押すだけで簡単にカットできるので、時短にもなりますよ。にんじんやキュウリをはじめ、ポテトフライ用のじゃがいものカットにも使えます。コンパクトな野菜カッターなので、置き場所に困らないのも良いですね。

3. デザイン性にこだわる「Beito 千切り スライサー」

ITEM

Beito千切スライサー野菜カッター

ブレードサイズ:縦10.5×横4.5cm

¥948 ※2019年03月13日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

使いやすさにこだわった野菜カッターを探している方はにおすすめなのが、こちら。人間工学に基づいたデザインで、力の入りやすいグリップや滑り止めのついた底など細かいところまで配慮されています。 ブレードは6枚ついていて、使わないブレードは横に差し込んで収納できます。

4. 薄切り&千切りに「回転式野菜調理器Clulu(クルル)」

ITEM

回転式野菜調理器Clulu(クルル)

サイズ:幅180×奥行140×高さ255mm

¥2,280〜 ※2019年03月13日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

薄切り&千切りに特化した野菜カッターがこちらです。レバーを切り替えるだけで切り方を変えられるので、ブレードを交換する手間がいりません。 らせん状にカットすると、お野菜の苦みが減って玉ねぎなどもぐっと食べやすくなります。お刺身のツマなどもこの野菜カッターがあればおうちで簡単に作れます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS