群馬県のブランド肉「上州牛」とは?特徴や味わい、おいしい食べ方まで

群馬県を代表するブランド牛「上州牛」を知っていますか?明治時代から生産されている牛肉で、上質な脂と赤身から生まれるやわらかな食感と旨みが高く評価されています。そこで、今回は上州牛の特徴やおいしい食べ方をご紹介。通販で買える上州牛もぜひチェックしてくださいね。

2019年3月28日 更新

群馬のブランド肉「上州牛(じょうしゅうぎゅう)」とは

上州牛とは、群馬県で育てられて県内の食肉卸売市場で取り引きされた牛肉の総称を指します。優秀な血統の黒毛和種やホルスタイン種との交雑種など、いくつかに分かれていますが、和牛肉質等級が「上」以上を「上州牛」と位置づけされています。

上州牛という名前は「全国農業協同組合連合会の群馬県本部によって商標登録されたもの」という条件がついています。

「上州牛」誕生までの歴史

群馬県では、日本で牛肉を食べる習慣が始まった明治時代初期と同時期から、牛肉の生産がスタートしました。利根川水系の豊富な水資源と上毛三山に囲まれた自然環境は畜産に適していて、古くから高い品質が評価されていました。

群馬県で生育された牛肉は、東京で取引されることも多く、群馬県の別名でもある「上州」から「上州牛」と呼ばれるようになりました。

1976年には、当時のJA群馬経済連(現全農群馬県本部)が中心となり、肉品質が特にに良いものだけを「上州牛」として認め、商標の使用を許可する方針が決定されたことを受け、上州牛のブランド化が進められました。

「上州牛」の特徴

旨みのある「赤身」

「上州牛」は自然の中で放牧されて育つため、筋肉が発達しています。身が引き締まった赤身は、さっぱりした味が特徴。赤身のまわりにある脂肪もほど良く、しっかりした旨みが味わえると人気です。数あるブランド牛の中でも、上州牛は「たくさん食べても飽きない」、と評判。

細かいサシ

「サシ」はいわゆる「霜降り」のこと。「上州牛」は、群馬県で独自に開発した専用の飼料で育てています。さらに山から湧き出る澄んだ水を与えることで、キメ細やかなやわらかい肉質になると言われています。

口に入れた瞬間とろけるような食感を味わえるのは、「上州牛」の魅力。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

4575

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう