調理中のイライラを解消♪「ジョセフジョセフ」なら手汚れも気にせず使える!

料理をしているふとしたときにちょっとイライラしてしまう。そんな覚えがある人は、ぜひこの2品に注目してください。他メーカーの品とはひと味違う利便性……。その機能的なデザインからは、日常の小さな問題も見逃すまいという作り手の意識の高さが感じられます。

2019年5月7日 更新

2. ジョセフジョセフ「プレスト ソープディスペンサー」

ジョセフジョセフの「プレスト ソープディスペンサー」

Photo by macaroni

2,160円 (税込) 【サイズ】7.3 x 7.3 x 14.6 cm
【容量】250 ml
【材質】ポリプロピレン、ステンレススチール、ABS樹脂、AS樹脂、熱可塑性エラストマー
【耐熱温度】60 ℃

料理をするなら清潔が第一。調理中に手を洗うのは、体に害のある菌から口にする食べ物を遠ざけ、食べる人の健康を守ることにつながります。だからこそ、シンクにひとつ必ず置いておきたいものがソープディスペンサー。

おしゃれなだけのソープディスペンサーならどこのキッチン雑貨店でもお気に入りが見つかるでしょう。でも、ジョセフジョセフの「プレスト ソープディスペンサー」はそうした品とはちょっとばかり違うんです。

一般的なソープディスペンサーの使いづらさ

一般的なソープディスペンサー

Photo by macaroni

石鹸を使いたいとき、たいていその手は汚れているはず。にもかかわらず、市販されているソープディッシャーのほとんどは手でポンプを押さなければ内用液が出ない造りになっています。

ソープディッシャーを汚さずに手洗いするのはむずかしく、清潔になった手でふれなければ汚れたディッシャーをきれいにできない……。もうちょっと気の利いた造りになっていてもいいと思うんですよね。

安定感抜群!プレスト ソープディスペンサーの特徴

プレスト ソープディスペンサーなら腕でもプッシュしやすい

Photo by macaroni

ジョセフジョセフのソープディスペンサーは、プッシュ部分が楕円形で、一般的なものよりも広く造られています。加えて、ドッシリとした形状で、強く押してもグラつきにくいという特徴があります。つまりどう便利なのかというと、手首や腕でも簡単にポンプを押し込むことができるんです。

これなら手が油でヌルヌルのベトベトだったとしても気にする必要はありません。汚れていないところを使ってプッシュすれば、簡単に洗剤を取り出せるんですから。調理中繰り返し使うものだからこそ、この気楽さ、クセになるはず。

もう調理中にイライラしない♪

プッシュ&テアとプレスト ソープディスペンサー

Photo by macaroni

調理中の不便を減らしてくれるジョセフジョセフの2アイテム。さすが革新を旨とするブランドだけあって、その機能的なデザインからは日常の小さな問題も見逃すまいという意識の高さを感じました。
料理は毎日繰り返しやらなければいけない作業。わずかなストレスが募りに募って「もう料理なんてやりたくない!」と思ってしまう前に、こういう気の利いたアイテムをキッチンに置いておくべきです。

調理がストレスと無縁になれば、料理はもっと楽しくなります。料理に深くのめりこんでいる人ほど、これらのアイテムのすばらしさを深く理解できるはずだと思うのですが、いかがでしょうか。
企画:大河内美弥、構成・文:植松富志男、動画撮影・編集:田中辰典(macaroni編集部)
▼ジョセフジョセフのアイテムはこちらでも紹介しています
2 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう