調理中のイライラを解消♪「ジョセフジョセフ」なら手汚れも気にせず使える!

料理をしているふとしたときにちょっとイライラしてしまう。そんな覚えがある人は、ぜひこの2品に注目してください。他メーカーの品とはひと味違う利便性……。その機能的なデザインからは、日常の小さな問題も見逃すまいという作り手の意識の高さが感じられます。

2019年5月7日 更新

調理中のイライラ、そのままにしてない?

調理中、ちょっとした不便にストレスを感じてしまう。料理をしたことがあるなら誰しも覚えがあるでしょう。今回ご紹介するのは、そんなあなたのストレスを解消してくれる、編集部いち押しの2アイテム。イライラなしで楽しく料理をしたいなら、その機能性を知れば知るほどほしくなること受け合いです。

1. ジョセフジョセフ「プッシュ&テア」

ジョセフジョセフ「プッシュ&テア」

Photo by macaroni

3,240円 (税込) 【サイズ】16 x 16 x 28 cm
【材質】ポリプロピレン、クロムメッキABS樹脂、熱可塑性エラストマー
【耐熱温度】60℃

料理に欠かせないもの。いろいろとありますが、キッチンペーパーはなかでも使う機会の多いアイテムといえるでしょう。手が汚れたときやお皿や作業スペースが濡れたとき、キッチンペーパーで拭き取ってしまえば手間がありません。ジョセフジョセフの「プッシュ&テア」は、そんなキッチンペーパーに挿して使用するホルダーです。

一般的なキッチンペーパーホルダーの使いづらさ

一般的なキッチンペーパーホルダーは濡れた手でさわらないときれない

Photo by macaroni

キッチンペーパーホルダーは他にもいろいろなメーカーから発売されていますが、どれもこれも機能面で大差がありません。特に気になるのが、手が汚れているときに使いにくい点。ロールを手で押さえなければ上手に切り取れず、次に使う分のペーパーを汚してしまうことがままあります。これ、イライラしますよね!

ノンストレス!「プッシュ&テア」の特徴

「プッシュ&テア」は押し込むとロックがかかる

Photo by macaroni

では、プッシュ&テアはどうなのか。このホルダーには上部をプッシュするだけでロールをロックする機構が採用されていて、ロールをさわらなくても使いたい分だけのキッチンペーパーを切り取ることができるんです。
手で直接ペーパーをおさえる必要がありませんから、とにかく衛生的ですし、24cmまでのロールに対応するサイズ感も絶妙に使い勝手がいい。ちょっとした違いと思われるかもしれませんが、使えばわかるこの便利さ、知ってしまったらもう手放せないですよ。

2. ジョセフジョセフ「プレスト ソープディスペンサー」

ジョセフジョセフの「プレスト ソープディスペンサー」

Photo by macaroni

2,160円 (税込) 【サイズ】7.3 x 7.3 x 14.6 cm
【容量】250 ml
【材質】ポリプロピレン、ステンレススチール、ABS樹脂、AS樹脂、熱可塑性エラストマー
【耐熱温度】60 ℃

料理をするなら清潔が第一。調理中に手を洗うのは、体に害のある菌から口にする食べ物を遠ざけ、食べる人の健康を守ることにつながります。だからこそ、シンクにひとつ必ず置いておきたいものがソープディスペンサー。

おしゃれなだけのソープディスペンサーならどこのキッチン雑貨店でもお気に入りが見つかるでしょう。でも、ジョセフジョセフの「プレスト ソープディスペンサー」はそうした品とはちょっとばかり違うんです。

一般的なソープディスペンサーの使いづらさ

一般的なソープディスペンサー

Photo by macaroni

石鹸を使いたいとき、たいていその手は汚れているはず。にもかかわらず、市販されているソープディッシャーのほとんどは手でポンプを押さなければ内用液が出ない造りになっています。

ソープディッシャーを汚さずに手洗いするのはむずかしく、清潔になった手でふれなければ汚れたディッシャーをきれいにできない……。もうちょっと気の利いた造りになっていてもいいと思うんですよね。

安定感抜群!プレスト ソープディスペンサーの特徴

プレスト ソープディスペンサーなら腕でもプッシュしやすい

Photo by macaroni

ジョセフジョセフのソープディスペンサーは、プッシュ部分が楕円形で、一般的なものよりも広く造られています。加えて、ドッシリとした形状で、強く押してもグラつきにくいという特徴があります。つまりどう便利なのかというと、手首や腕でも簡単にポンプを押し込むことができるんです。

これなら手が油でヌルヌルのベトベトだったとしても気にする必要はありません。汚れていないところを使ってプッシュすれば、簡単に洗剤を取り出せるんですから。調理中繰り返し使うものだからこそ、この気楽さ、クセになるはず。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう