ライター : Uli

パンシェルジュ / フードコーディネーター

ハワイ大学留学後、旅行会社に就職。国内外の食文化に魅力を感じ、現在はレシピ系記事をメインにライターをしています。お手軽料理から、パン・スイーツまで、さまざまなレシピを発信中…もっとみる

そもそもウイスキーとは

ウイスキーとは、穀物で作った蒸留酒を、木の樽で熟成させたお酒のこと。発祥は、スコットランドとアイルランドという説が有力です。 トウモロコシや大麦、小麦、ライ麦などを発酵させて作られます。一般的に琥珀色をしていて、アルコール度数は40度ほど。味わい、香りともに製法によって、幅広い個性が出るのが特徴です。

バーボンとスコッチはウイスキーの一種

バーボンとスコッチは、両方ともウイスキーに分類されます。どちらも、それぞれの産地や原料、製法、味が違います。 また、ラベルをよく見てみると、ウイスキーのスペルの違いに気付くかもしれません。アイルランドの流れをくんだバーボンは「Whiskey」、スコットランド産のスコッチは「Whisky」と書かれています。

バーボンとスコッチの違い【産地】

バーボンの産地

バーボンの産地は、アメリカのケンタッキー州が中心です。アメリカの法律によると、「バーボンはアメリカ合衆国で製造されるもの」と決められています。ケンタッキー州以外で製造された有名バーボンもありますが、バーボンの産地はケンタッキー州、というイメージがいまだ根強くあります。

スコッチの産地

スコッチの産地は、現在のイギリス北部であるスコットランドです。スコッチの定義は厳しく、スコットランド以外で作られたものは、スコッチと呼ぶことができません。 スコットランド内でも、「スペイサイド、ハイランド、キャンベルタウン、ローランド、アイランズ、アイラ」の6大産地に分けられます。

バーボンとスコッチの違い【原料】

バーボンの原料

バーボンは、51%以上のトウモロコシを原料とする決まりがあります。トウモロコシを主体とし、残りの割合は、大麦や小麦、ライ麦といった穀物類を原料としています。 熟成用の樽には、新品のホワイトオーク樽の内側を焦がしたものを使用します。

スコッチの原料

スコッチは、大麦麦芽(発芽した大麦)を原料とする「モルトウイスキー」、大麦麦芽と穀物を使用する「グレーンウイスキー」、この二種類をブレンドした「ブレンデッドウイスキー」があります。 熟成用の樽には、使用済みの古い樽を使うのが特徴です。ワインやビール、バーボン、シェリー酒などを製造したあとの樽が使われます。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS