ライター : myan3

日本野菜ソムリエ協会認定野菜ソムリエ / フードアナリスト

野菜が大好き、野菜ソムリエ。素材を活かしたレシピが好きで、食品スーパーを巡るのが趣味です。地方のスーパーで新しい食材を発見すると、思わず購入してしまう習性あり。未知なる食の…もっとみる

シャウエッセンがレンジ調理を解禁!

Photo by macaroni

パリッとジューシーな肉の旨味溢れるシャウエッセン。今まで、黄金の3分間ボイルとして、お湯でゆでる方法を推奨してきた日本ハムが、ついにレンジ調理を解禁!今とても話題になっているんです。 公式ページをのぞくと、『シャウエッセンは、手のひらを返します。』というテキストに続いて、レンジ調理解禁の経緯が書かれていました。 その内容は、世の中の時短ニーズを受けてレンジ調理でもおいしく食べられるよう、レンジでの調理時間を定めたとのこと。 レンジでもおいしい!とこのたび大胆宣言です。

パッケージの裏面

旧パッケージ

Photo by macaroni

この話を聞いて、今までレンジ調理NGだったの?と驚いた人も多いと思います。旧パッケージを見ると確かに、レンジ加熱はお控えください、との記載があります。
皮が破れる恐れがありますので、電子レンジやオーブンでの加熱はお控えください。

新パッケージ

Photo by macaroni

新しいパッケージには、ボイルの場合、焼く場合と続いて、一番下に電子レンジの場合の調理法が記載されていました。 お皿にうつしてラップをかけて加熱してください。 500Wの場合、3本で約30秒、5本で約50秒 600Wの場合、3本で約20秒、5本で約40秒
私たちが時短・簡単を求め、先走っていたかもしれません……。シャウエッセンさん、ごめんなさい。 でも今回、レンジでもおいしく食べられる加熱時間が設定されたので、この時間はきちんと守っておいしくいただきたいですね。

レンジ加熱は、香りがよい!

Photo by macaroni

今回、2月8日に新発売となった「ホットチリ」味を食べてみることにしました。水を入れる必要もなく、耐熱皿にウインナーをのせて、ラップで加熱するだけ。 正直、こんな加熱方法で、あのパリッとした弾ける食感と粗挽きポークの旨味あふれるジューシーな味が生まれるのか……、疑っていました。

Photo by macaroni

実際に食べてみると……、想像以上の味に目を丸くしてしまうほど。驚くほどジューシーでパリッとした食感もきちんと存在しています。黄金の3分間ボイルも良いけれど、レンジで1分以内という手軽さで、これほど幸せな気持ちになれるとは。 そして、ボイルをしないため、ダイレクトに燻製の香りが鼻に広がります。これなら、毎朝シャウエッセンを続けたいくらいです。

シャウエッセン ホットチリ

Photo by macaroni

今回いただいたホットチリ味は、ピリッと口の中で刺激が残る辛さ。これは、ビールのおつまみにもピッタリ!バーベキューなど、暑い日に屋外で食べたくなる味です。 春夏限定とのことなので、気になる人はぜひ、お早めに試してみてください。

1分でパリッと幸せの味!シャウエッセン

Photo by macaroni

パリッとした食感と肉々しいジューシーな味わいに、「ウィンナーといえばシャウエッセン!」と決めている人も多いかもしれませんね。 こだわりのある人ほど、ボイルして、きちんとタイマーで図って調理していた人も、ぜひ電子レンジ調理をお試しください。このたび、世の中の変化に合わせた日本ハムの大革命。勇気ある堂々宣言を受け入れて、その味を確認してみてください。
Photos:7枚
パケ入りのシャウエッセンとお皿に出したウインナー
シャウエッセンパケの裏面
新シャウエッセンパケの裏面
ウインナーをレンジで加熱
フォークでさしたウインナー
シャウエッセンホットチリ
ウインナーを箸で持ち上げる
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS