東日本No.1の海苔弁も!実力派の「おいしい駅弁」が東京に大集合

昨年、東日本の駅弁の頂点を決める「駅弁秋の陣2018~宴~」が開催されました。そこで多くの投票を集めた12種類の駅弁が、2019年1月18日から東京駅で販売されました。普段は東北でしか買えない、限定弁当も登場しました。絶対に見逃せません!

2019年1月22日 更新

東京に珠玉の駅弁が集まる!

駅弁のパッケージ

Photo by Anna79

「駅弁秋の陣2018~宴~」とは、東日本の駅弁ナンバーワンを決める大会で、2018年秋に開催されました。開催時には、ハガキ及びウェブから2万6,000以上の票が集まったそう。

そして今年1月より、エントリーした56品の中から、特に投票が多かった12の駅弁が東京駅で販売されているんです。普段は都内でお目にかかれない種類もあるということで、いつも人で込み合う東京駅が、さらなるにぎわいを見せていました!

今回は、厳選された12個の駅弁をご紹介します。

1. W受賞の実力派「海苔のり弁」

海苔のりの見た目

Photo by Anna79

980円(税込)

「海苔のり弁」は、ハガキ投票のうち総合評価がもっとも高かった駅弁大将軍と、投票数が一番多かった最多応募賞をダブル受賞した、実力派の駅弁です。一番の魅力は、ひと口食べるとほっとする、素朴でどこか懐かしい味わい。

海苔、おかか、昆布が組み合わされたご飯は、ふわふわの玉子焼きややわらかい煮物によく合います。日頃は東北限定での販売なので、ぜひこの機会に食べてみてください。

2. ボリューミーな「伯養軒の牛めし弁当」

伯養軒の牛めし弁当

Photo by Anna79

1,150円(税込)

ハガキ投票のうち、総合評価が2番目に高い駅弁副将軍を受賞しました。さっぱりした肉質と、コクのある脂身がのった牛肉が、すき焼き風に味付けされています。ふんわりとりんごが香り、味の染みた白滝とタケノコでご飯が進むこと間違いなし。

ボリューミーな駅弁なので、男性や食べ盛りのお子さまも大満足です。普段は、青森県と岩手県で販売されています。

3. 函館で人気「鰊みがき弁当」

鰊みがき弁当の見た目

Photo by Anna79

980円(税込)

こちらの駅弁は、味覚賞と、越境部門エリア賞をW受賞しました。身欠きにしんは甘じょっぱく味付けされ、骨までやわらかくなるようにひと晩寝かせたもの。数の子はコリコリとして歯ごたえがよく、茎わかめの醤油漬けは箸休めにぴったりです。

1000円以下とは思えないクオリティで、函館駅や新函館北斗駅で高い人気を誇っています。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Anna79

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう