長野・善光寺のおすすめお土産7選。七味にスイーツまで要チェック!

一生に一度は善光寺参りで知られる長野の名所、善光寺。すばらしいお寺にお参りしたあとは、お土産のチェックもはずせません。善光寺周辺で購入できる、おすすめのお土産をご紹介します。地域限定の商品や、日本に1軒しかないお店もありますよ!

2019年1月28日 更新

3. りんごの甘酸っぱさにハマる「信州りんごタルト・パティスリー HEIGORO」

歴史ある藤屋御本陣の別館、パティスリー平五郎のタルトです。りんごはもちろん地元・長野産!タルトに入っているアーモンドクリームが、さわやかな味わいのりんごとよくマッチしています。カットするとよくわかるのですが、タルト、りんご、クリームがきれいな層になっており、それぞれの食感を楽しむこともできますよ。甘酸っぱいのに濃厚!と多くのファンを獲得しているタルトは、1ホール1,300円(税別)です。

購入できる場所

平五郎のお菓子は、大門町にある本店と、長野駅のMIDORI長野の直営店で購入することができます。大門町にある本店は、善光寺門前という場所にマッチした和風建築ですが、店内はおしゃれでひろびろ。カフェスペースも併設されているので、おいしいケーキとお茶を楽しむこともできますよ。

4. 日本にただ1店!「鯉焼き・垂水」

レトロな袋に入っているのは鯛ではなく鯉!1日に数百個売上がある、日本で唯一の鯉焼きです。芸術品のように彫りが深く躍動感のある鯉焼きには、長野県産の小麦粉を使用。餡も小豆ではなく長野産の花豆を使っています。

鯉焼きプレーンは1つ190円、ほかにずんだ鯉焼き(210円)やりんご鯉焼き(250円)、信州柚子味噌鯉焼き(250円)など、全部で7種類。白玉粉が入っているので、冷めてもおいしくいただけます。

購入できる場所

藤田九衛門商店は、多くの商店が並ぶ通りから、ちょっと東側にあるお店です。営業時間は朝6時30分(冬期は7時)ですが、売り切れしだい終了となります。また、白地に赤い模様が入った錦鯉は予約必至の限定品。ぜひ!という方は予約をお忘れなく。
2 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

kinako

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう