ローディング中

Loading...

日本人は皆カルボナーラが大好きです。初見のイタリアンに行くと、多くの人がカルボナーラを注文します。それはその店のことが何もわからなくても、カルボナーラを頼んでおけば大体失敗しないから。そんなイタリアンのド定番であるカルボナーラですが、実はイタリアのカルボナーラと日本のカルボナーラが全然違う、ということをご存知でしょうか?どこがどれほど違うのか、詳しくはご覧下さい。

イタリアン行ったらカルボナーラ

日本人は皆カルボナーラが大好きです。

初見のイタリアンに行くと、多くの人がカルボナーラを注文します。それはその店のことが何もわからなくても、カルボナーラを頼んでおけば大体失敗しないから。実際、どこの店に行っても、カルボナーラがまずくて食べられない、といった経験は今まで一度もありません。

そんなイタリアンのド定番であるカルボナーラですが、実はイタリアのカルボナーラと日本のカルボナーラが全然違う、ということをご存知でしょうか?

こんなに違うぞ日本とイタリア

それぞれの一般的なカルボナーラを比べてみましょう。

日本のカルボナーラ

・麺はスパゲッティー二(細麺)
・卵、生クリーム、パルメザンチーズを使用
・具はベーコン(パンチェッタ)
・黒コショウをパラパラ

こんな感じです。一方イタリアでは

イタリアのカルボナーラ

・麺は基本リガトーニ。(スパゲッティー二を使ったものはスパゲッティ・アッラ・カルボナーラと呼ぶ)
・卵、ペコリーノ・ロマーノ(羊乳のチーズ)を使用(稀にパルミジャーノ・レッジャーノ)
・具はパンツェッタ(生ベーコン)もしくはグアンチャーレ(豚の頬肉でベーコンよりも脂身が多い)
・粗挽きの黒コショウをゴリゴリ
全然違う!!!
見た目は似ていますが、かなり違うということがおわかりいただけたでしょうか?何より違うのは

「生クリームを使わない」

ということ。本場イタリアにも様々なカルボナーラが存在しますが、生クリームを使う店は一つも無いそうです。何故なんでしょう?そして、じゃあ何故日本のカルボナーラは生クリームを使うのでしょう?

何故本場とここまで違うのか?

イタリアはローマ生まれのカルボナーラ。

そもそも「カルボナーラ」という名前がどういう意味か、ご存知でしょうか?
カルボナーラ (Carbonara) とは「炭焼のパスタ」(炭焼職人風)といわれるパスタソースの1種である。

出典: ja.wikipedia.org

炭焼人 (Carbonara) が仕事の合間にパスタを作ったら、手に付いた炭の粉が落ちてこんな風になるのではないかという感じの黒コショウをからませたパスタ。

出典: ja.wikipedia.org

かつてローマ近郊で暮らしていた炭職人がササッと作ったパスタが黒コショウを使ったものだったから、その黒コショウを炭に例えてカルボナーラだとか、由来は諸説ありますが、間違いないのは黒コショウが炭に例えられているということ。

つまり、ゴリゴリの粗挽き黒コショウこそがカルボナーラの醍醐味なのです。

そしてペコリーノ・ロマーノを使う理由はこのチーズがそもそもローマで作られていたものだから。パルミジャーノ・レッジャーノはパルマですからね。つまり、地元産のものを使って作られたローマの伝統的なパスタが「カルボナーラ」なのです。

では。何故日本のカルボナーラには生クリームが使われるようになったのでしょう?

イタリア発アメリカ経由日本行き

端的にいえばアメリカ経由で伝わったから、ですかね。クリームを入れると卵が凝固しにくくなって失敗がないんです

出典: cocogoloso.exblog.jp

(たくさん作る店では、クリーム卵液を仕込むことで作業性がいい)っていうのと、乳脂肪でコクが出て美味しく感じる(アメリカでは濃厚味がウケる)、という2つの理由があるんです。

出典: cocogoloso.exblog.jp

アメリカにカルボナーラが広まったのは、イタリアに駐屯した米軍がローマでカルボナーラを振る舞われたのがきっかけなんだそうです。

その後アメリカ国内でアレンジが施されたカルボナーラが日本に伝来し、日本人はそれこそがカルボナーラだと思って食べていたという話です。さすが島国日本!

今日では少しずつ本場のカルボナーラは違う、という事実も広まっているのですが、余りその事実が広まらないのは、日本のカルボナーラが美味いからだと思います。

もし本場のカルボナーラが美味いなら、現代社会ではそれが普及して従来のカルボナーラは淘汰されるはず。そうならないのは日本のカルボナーラの方が美味いと思っている人が少なからずいるからではないでしょうか?実際に、ローマで本場のカルボナーラを食べて違和感を覚える人も少なくないそうです。

間違ってようがなんだろうが、美味い方がいいに決まってます。日本はラーメンも独自に進化させた国です。

「カルボナーラ・ジャポネーゼwww」

とバカにされようが、日本のカルボナーラがその火を絶やさないことを切に願います。

ちなみに、僕はどちらのカルボナーラも大好きです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

なめらかソースのコツ3つ!簡単クリームパスタレシピ16選

レシピ パスタ

定番のカルボナーラを始め人気のクリームパスタ。牛乳や生クリームを使うレシピはちょっと難しい印象をもっている人もいるのでは?固まりやすいクリームパスタを上手に作るコツや、ほうれん草やツナを使った人気レシピもたく…

エビが主役のパスタレシピ17選!クリームも和風も総まとめ◎

パスタ まとめ

和洋中あらゆる料理に使われる万能食材の「エビ」。パスタの素材としてもおなじみですよね。今回は、クリームソースやトマトソースをはじめ、定番のパスタソースごとに厳選。人気レシピからアレンジレシピまで、おすすめのレ…

1分で作れる明太マヨネーズが万能すぎ!基本&アレンジレシピ17選

レシピ パスタ まとめ

かけて、和えて、焼いて美味しい明太マヨネーズ。シンプルな明太マヨはもちろん、ちょっとひと手間加えたアレンジ明太マヨも美味しいんです。明太マヨの作り方はもちろん、明太マヨを使ったレシピもジャンル別にご紹介!明太…

卵もおいしく!「カレイの煮付け」のレシピを調理師が伝授

和食 レシピ

和食の人気レシピ「カレイの煮付け」のレシピを、調理師がお教えいたします。ふっくらやわらかく、生臭さも防いで、卵にもしっかりと火を通すコツを解説。おすすめの献立も紹介するので、今日の晩ごはんにさっそくチャレンジ…

幻のフロマージュが遂に!パリ発「ベイユヴェール」が麻布十番に初上陸♩

パリ チーズ チーズケーキ

フランス各地で大人気のフロマジェリー「ベイユヴェール(beillevaire)」が、ついに日本の麻布十番に初上陸!半生食感の幻の「フロマージュ」が日本で食べられるなんてスイーツ好きには朗報ですよね!人気の商品…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒選びに失敗しない!日本酒のラベルを見る3つのポイント

日本酒 居酒屋 まとめ

ひとくちに日本酒といってもフルーティーなもの、辛口でスッキリしたものなど、たくさんの種類があります。でも、実際に飲んでみないと味の判断ってできませんよね?今回は「自分好みの日本酒に出会うためのラベルを見る3つ…

女心をくすぐるポップでかわいい「おちょこ」5選*プレゼントにも最適

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

知っておくと便利!和食料理の基本「5」選

和食 レシピ まとめ だし

本当は知りたいけれど今更恥ずかしくて人には聞きづらい「和食料理の基本」今回はそんな基本中の基本についてご紹介したいと思います。普段のお料理に是非役立ててくださいね^^「和食」は無形文化遺産として登録もされた日…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

意外においしい!広島の新名物「もみじ饅頭のお酒」が気になる

広島 お土産 和菓子

広島の新名物に、いま全国から熱い視線が注がれています。それは「もみじ饅頭味のお酒」です。トロッとした液体で、優しい甘さ。アレンジも効くので、そのまま飲む以外にも使い道があってとても便利なんです。この夏広島へ行…

アンジャッシュ渡部さんが紹介!最強に「餃子」のおいしいお店9選

餃子 まとめ

芸能界随一のグルメとして知られる、アンジャッシュの渡部建さん。今回は「マツコ・有吉の怒り新党」内で放送された、渡部さんオススメの餃子のお店を、詳しく紹介します。グルメな渡部さんをうならせるほどの餃子。どれほど…

絞り袋がないときの救世主はコレ!便利な代用法と絞り方をまとめました

ケーキ クッキー

お菓子作りやお料理に絞り袋を使いたいときに絞り袋がない……。そんなときには、身近にあるもので代用できるのです。今回は、その道具の紹介や、絞り方のコツやテクニックも詳しく教えちゃいます。手作りの絞り袋でお菓子作…

ページTOPに戻る