知ってると役に立つ!クッキングシートの使い方&代用法

クッキングシートの特徴や使い方、使おうと思ったときにシートがない時の代用方法を紹介します。またクッキングシートを活用した焼き料理やレンジ料理のレシピもレポート。今では身近な存在ですが、知っているといざというときに役立つ特徴があるんです。

2018年10月9日 更新

クッキングシートの使い方と注意点

特徴とおもな使い方

オーブンシートやベーキングシートとも呼ばれ、食品にくっつかずサラっとはがせるクッキングシート。商品の特徴は紙の両面にシリコーン樹脂やテフロンが加工されており、熱や油、水に強く後かたづけが楽なことです。

特にオーブン料理や蒸し料理、ホットプレート料理など、さまざまな用途で使えるのが最大の魅力のひとつ。加えて煮物の落とし蓋として利用できるのも人気の理由です。

注意点

レンジでお餅を加熱したり、まな板の上に敷いて食材の汚れやにおいをつくのを防いだり、生キャラメルを包んだり、さまざまなシーンで活躍するクッキングシート。ただし使用する際に注意しておくことがあります。

例えばオーブントースターやフライパンで使用する場合、高温過ぎると破けたり食材にくっついたりするケースがあるようです。

クッキングシートの耐熱温度は250度というタイプが多いですが、長時間使用すると燃えてしまう可能性もあります。必ず調理機器の取扱説明書やクッキングシートの使用上の注意点を確認して使うようにしましょう。

用途別の代用法!クッキングシートの代わりになるものは?

オーブンで焼き菓子

オーブンで焼き菓子をつくろうと思ったとき、もしクッキングシートがなかったらどうすればいいのでしょう。つくり始めてからないと気づいたら困惑してしまいますよね。

オーブン調理の場合は、天板に直接バターやマーガリン、サラダ油などの油脂を薄くぬって代用すればOKです。

トースターで焼き料理

トースターは餅やクッキーを焼くときに、食材が燃えてクッキングシートに火が移る可能性があります。目を離さないなど、使用する際に注意点が多いのが特徴のひとつです。

もしクッキングシートがなければ、アルミホイルで代用しましょう。その際、天板を用いてクッキングシートがはみ出さないように敷いてくださいね。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

motomoto

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう