ライター : motomoto

家で料理をつくったり、ふらふらと車でお出かけしたり、カルディでいいものをみつけたり……なにげない日々を過ごしています。 美容や健康にも興味あり! お役に立てるような情報をお届け…もっとみる

クッキングシートの使い方と注意点

特徴とおもな使い方

オーブンシートやベーキングシートとも呼ばれ、食品にくっつかずサラっとはがせるクッキングシート。商品の特徴は紙の両面にシリコーン樹脂やテフロンが加工されており、熱や油、水に強く後かたづけが楽なことです。 特にオーブン料理や蒸し料理、ホットプレート料理など、さまざまな用途で使えるのが最大の魅力のひとつ。加えて煮物の落とし蓋として利用できるのも人気の理由です。

注意点

レンジでお餅を加熱したり、まな板の上に敷いて食材の汚れやにおいをつくのを防いだり、生キャラメルを包んだり、さまざまなシーンで活躍するクッキングシート。ただし使用する際に注意しておくことがあります。 例えばオーブントースターやフライパンで使用する場合、高温過ぎると破けたり食材にくっついたりするケースがあるようです。 クッキングシートの耐熱温度は250度というタイプが多いですが、長時間使用すると燃えてしまう可能性もあります。必ず調理機器の取扱説明書やクッキングシートの使用上の注意点を確認して使うようにしましょう。

用途別の代用法!クッキングシートの代わりになるものは?

オーブンで焼き菓子

オーブンで焼き菓子をつくろうと思ったとき、もしクッキングシートがなかったらどうすればいいのでしょう。つくり始めてからないと気づいたら困惑してしまいますよね。 オーブン調理の場合は、天板に直接バターやマーガリン、サラダ油などの油脂を薄くぬって代用すればOKです。

トースターで焼き料理

トースターは餅やクッキーを焼くときに、食材が燃えてクッキングシートに火が移る可能性があります。目を離さないなど、使用する際に注意点が多いのが特徴のひとつです。 もしクッキングシートがなければ、アルミホイルで代用しましょう。その際、天板を用いてクッキングシートがはみ出さないように敷いてくださいね。

ケーキの焼き型

ケーキを焼くときにクッキングシートを使うという人も多いでしょう。もしないときはオーブンと同じように、ケーキ型にバターやマーガリンなどの油脂を薄く塗ってください。 次に、ふるった小麦粉を薄くはたき冷蔵庫で冷やしておきましょう。生地が完成したらケーキの焼き型の出番です。流し込んでからオーブンで焼きましょう。

蒸し料理

蒸し器で調理する場合にないときは、キャベツや白菜、レタスといった葉物野菜を敷けばOK。シューマイや肉まんの皮がくっつきにくくなり、蒸し野菜として食べられるので一石二鳥です。 また薄いふきんに水分をふくませて絞り、蒸し器に敷く方法もあります。ただしガスコンロの場合は、ふきんが火につかないよう注意が必要です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS