お部屋を簡単アレンジ!テーブルクロスのおすすめ商品9選

テーブルクロスはテーブルの保護だけでなくインテリアアイテムとして活用するのもおすすめ!ここではテーブルクロスの役割と選び方、おすすめの商品をご紹介します。その日の気分に合わせてお手軽にお部屋をアレンジすることもできますよ♪

2018年10月10日 更新

円形テーブルの場合

円形テーブルの場合はテーブルクロスの形も円形のものを選ぶとすっきりとテーブルを飾ることができます。また、四角い形のテーブルクロスならカジュアルな雰囲気になるので、どのようなインテリアにしたいかを考慮し、お好みで形を選ぶのがおすすめです。

サイズの選び方は円形テーブルの直径を測り、20cmから30cm長いものを選ぶときれいな見た目になります。

垂らす長さで変わる印象

テーブルクロスをテーブルから垂らす長さで見た目や雰囲気が変わります。一般的にバランスが取れたきれいな見た目で、座った時に邪魔にならないといわれている長さは15cmから20cm程です。この長さは一般的な理想とされているもので、実際には環境や好みに合わせて選ぶのがおすすめです。

例えば、小さなお子さんやペットがいるおうちでは、テーブルクロスの垂らす長さが長すぎると邪魔になるので、10cm程度が使いやすい長さです。また、エレガントなイメージのインテリアがお好みなら、30cm程度の長さにすると重厚感がでて雰囲気が変わります。

ビニール製のおすすめテーブルクロス3選

1. 透明ビニール素材

ビニール製のテーブルクロスなら厚みもあり、防水性が高いのでテーブルの保護に最適です。さらにこちらの商品は透明なのでテーブルの雰囲気をそのままで使うことができます。特に木目調などデザインや模様を楽しみたい場合にはおすすめです。

2. CUTEなフラワー模様

ビニール素材のテーブルクロスには柄の入ったデザインのものもあります。こちらはお部屋をかわいい雰囲気に飾りたい人におすすめのお花模様。テーブルがパッと明るくなりますね。

3. キャンディケーンレッド

子どもたちが集まるパーティーで大活躍できるキャンディケーンレッドのテーブルクロス。赤と白のしましま模様がお部屋を明るい雰囲気にしてくれます。ビニール製で防水性があり、食べ汚しの心配もいりません。

撥水加工のおすすめテーブルクロス3選

4. リネン素材のテーブルクロス

ビニール素材よりも布素材がお好みなら、撥水加工のあるテーブルクロスがおすすめです。こちらはナチュラルな雰囲気のお部屋にぴったりなリネンのテーブルクロス。木製のテーブルによく合います。
2 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

megyu

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう