ホットウイスキー

寒い冬には、ホットウイスキーにすると身も心も温まりますよ!耐熱グラスに白州を注ぎ、2~3倍量のお湯を注ぐだけ。お湯の温度は80℃くらいがベストです。お好みで、レモンやシナモンスティックをトッピングしても合います♪

工場見学や博物館が楽しめる!白州蒸溜所とは

白州蒸溜所とは

山梨県北杜市白州町にある白州蒸溜所は、広大な施設内にバードサンクチュアリ、ウイスキー博物館、ファクトリーショップ、バー、レストランを併設する蒸留施設です。予約制で蒸留所内を見学したり、場内の施設を利用したりできます。

白州蒸溜所ツアー

ツアーの内容

白州蒸留所ツアーに参加すると、種類豊富な原酒を生み出すモルトウイスキーの製造工程を間近に見ることができます。普段は入ることのできない、ウイスキーの華やかな香りが漂う樽貯蔵庫にも潜入可能。 見学が終わったあとには、お楽しみのテイスティングタイムもありますよ。シングルモルトウイスキー 白州のほか、めったに味わえないモルト原酒をテイスティングすることも!

ツアー情報

■開催日:年末年始、工場休業日をのぞく毎日 ■所要時間:約80分 ■対象年齢:20歳以上(未成年の同伴不可) ■参加費:1,000円/人(税込)

博物館やレストランも!

ウイスキー博物館は、白州の歴史やつくりはもちろん、世界のウイスキー文化についても学べる施設です。ファクトリーショップ「イン・ザ・バレル」は、ウイスキーやこだわりのおつまみ、蒸溜所限定グッズなどがそろうお店。 レストラン「ホワイトテラス」では、地元の食材などを使ったウイスキーにぴったりな料理を楽しめ、「バー白州」では、貴重なウイスキーの原酒や限定ウイスキーを飲み比べできます。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS