度数75.5%!? 最強のラム酒「ロンリコ」の飲み方やラインナップ3選

あのテキーラよりもアルコール度数が高い「ロンリコ」というお酒をご存知ですか?75.5%という驚異的な数字に驚きますよね。それでは、ロンリコの飲み方や購入できるラインナップを紹介します。ストレートはきついですが、カクテルならおいしく飲めます♪

2018年9月6日 更新

ラム酒の「ロンリコ」ってどんなお酒?

ロンリコとは

「ロンリコ」とは、どんなお酒かご存知でしょうか。ロンリコはラム酒のブランドのひとつです。ラム酒はサトウキビを原料とする蒸留酒で、もともと西インド諸島が原産のお酒とされています。

ラム酒はそのまま飲んだり、カクテルベースとしたりして飲料用として楽しむことが多いですが、香りがいいのでお菓子作りにも利用されるお酒です。ケーキの香りづけや、ラムレーズンなどのフルーツ漬けも人気ですよね。

ロンリコはプエルトリコ原産のラム酒です。それでは詳しく紹介しましょう。

味・香り

普通のラム酒は甘ーい香りが特徴的なまろやかなお酒ですが、ロンリコ(151)はアルコール度数が高く、何よりもまず先に感じるのは強烈なアルコール臭です。

ツーンとくるアルコール臭に耐えてひと口飲むと味はまろやかなのですが、のどから胃にかけて焼けるような熱さを感じます。

テキーラより高い!ロンリコの度数

よく罰ゲームなどで飲むお酒として知られるテキーラ。度数の高いお酒として知られていますよね。ウイスキーやウォッカに比べると控えめの38%から40%程度ですが、ショットで飲むとクラクラするほど度数がきついです。

ロンリコ151はそのテキーラよりも度数が高いお酒。なんと75.5%もあるんです。世界一アルコール度数が高いと有名なスピリタス(ポーランドのウォッカ)は96%ですが、ロンリコもそれに近いものを感じますね。

カクテルも!ロンリコのおいしい飲み方

1. 飲み会でおすすめ「ショットガン」

ショットガンとは、よくテキーラでやる飲み方です。ショットグラスにロンリコとトニックウォーターを半々で注ぎ、コースターなどで蓋をしてからショットグラスの底を勢いよくテーブルにたたきつけます。こうすることで中身が混ざり、泡が出てきます。

これはお店でやると迷惑にもなるので、やるとしたら家での飲み会がおすすめ。宴会芸のような飲み方です。

2. つぶれないように気を付けて「ストレート」

アルコール度数75%のロンリコ151をストレートで飲むのは勇気がいりますが、ゴールドやホワイト程度ならストレートでも飲むことができます。ちびちび飲みながら、ラム本来の味を楽しんでください。

3. 甘味もプラスで飲みやすい「ラムコーク」

ラムコークは、ラム酒とコーラを混ぜるカクテルです。ロンリコはかなりきついラム酒ですが、コーラを多めにすると甘くなって飲みやすくなります。簡単なカクテルなので家で飲むスタイルとしておすすめです。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう