ライター : shucyan

フードアナリスト / 江戸ソバリエ / ソルトマイスター

「日本ワインを愛する会」会員。フードライターとして新聞・雑誌・ムック本などの紙媒体を始め、これまで複数のグルメサイト、SNSで執筆・情報提供を行い、日本テレビ「ZIP」、テレビ朝…もっとみる

モルトウイスキーとは?分類方法を紹介

モルト

モルトとは、ウイスキーの主原料である大麦麦芽(モルト)を指します。トウモロコシやライ麦、小麦等を原料を使わずに、単式蒸留器で蒸留して作られるのがモルトウイスキーです。 ビール作りにおける麦芽100%か副原料を用いているかに似ていますね。麦芽の個性を活かすか、副原料を使って複雑な味を目指すかなどで、造り手の意思が反映されます。

グレーン

原料の大麦麦芽に小麦やライ麦、トウモロコシなどの穀物を加えて発酵させ、連続式の蒸溜機で蒸溜したのがグレーンウイスキーです。 モルトウイスキーより風味がマイルドですが、グレーンウイスキーも、やはり樽で熟成して味わいを深めます。

「シングルモルト」「ブレンデッド」「ピュアモルト」って?

シングルモルト

「シングル」とは単一の蒸留所という意味です。そのため、作られた蒸溜所の環境や使っている麦芽や水などの原材料、製法などによって、個性がストレートに出ます。

ブレンデッド

「モルト」と「グレーン」を合わせてブレンドしたのが「ブレンデッドウイスキー」で、日本ではもっとも流通量が多いタイプのウイスキーです。 どの原酒をどのような割合で調合するかというブレンド技術によって、できあがるウイスキーの風味が大きく変わります。

ピュアモルト

異なるシングルモルトの原酒をブレンドして作られたウイスキーを、ピュアモルトと呼びます。 ピュアモルトはおもに日本で使われている名称で、海外ではブレンデッドモルトと呼ばれています。ブレンデッドウイスキーは異なる原料のウイスキーをブレンドしていますが、ピュアモルトはすべて大麦麦芽です。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS