モルトって何?違いや飲み方までウイスキーの神髄を徹底解説

国産のウイスキーが今、世界的に注目されています。国際的なコンクールで入賞したこともあり、和食や日本酒と共にウイスキーも注目の的なんです。入賞した国産モルトウイスキーのほかにもタイプは多様。それらを詳しく解説いたしますね!

2018年8月28日 更新

モルトウイスキーとは?分類方法を紹介

モルト

モルトとは、ウイスキーの主原料である大麦麦芽(モルト)を指します。トウモロコシやライ麦、小麦等を原料を使わずに、単式蒸留器で蒸留して作られるのがモルトウイスキーです。

ビール作りにおける麦芽100%か副原料を用いているかに似ていますね。麦芽の個性を活かすか、副原料を使って複雑な味を目指すかなどで、造り手の意思が反映されます。

グレーン

原料の大麦麦芽に小麦やライ麦、トウモロコシなどの穀物を加えて発酵させ、連続式の蒸溜機で蒸溜したのがグレーンウイスキーです。

モルトウイスキーより風味がマイルドですが、グレーンウイスキーも、やはり樽で熟成して味わいを深めます。

「シングルモルト」「ブレンデッド」「ピュアモルト」って?

シングルモルト

「シングル」とは単一の蒸留所という意味です。そのため、作られた蒸溜所の環境や使っている麦芽や水などの原材料、製法などによって、個性がストレートに出ます。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

shucyan

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう