お菓子に付く「ガトー」とは?意味やガトーがつくケーキの種類も

ケーキや洋菓子の名前に付く「ガトー」の文字。みなさんはその意味をご存知ですか?ガトーは一種類のお菓子のみを表す言葉ではありません。また、お菓子以外にも、お店やお料理の名前として使われることもあるんです!今回はそんなガトーについて紹介します。

2018年9月20日 更新

フランス語「ガトー」の意味とは?

ガトーとは、ケーキや洋菓子を表すフランス語。日本ではチョコレートを使ったガトーショコラが有名ですよね!

しかし、「ガトー」がつくお菓子にはガトーショコラ以外にも、実は多くあるんです。ガトーショコラ、ガトーフレイズ、ガトーインビジブルなどのケーキや焼き菓子、またお店やフランス料理の名前として使われることもあります。

「ガトー」が使われるものは?

料理名

ケーキや焼き菓子だけではなく、お料理の名前にも使われる「ガトー」。フランス料理の日本語メニューに「ガトー仕立て」と記載されてあるのを見かけたことがある人もいるのでは?

セルクルという型に、サーモンやエビなどの魚介類、鶏むね肉や牛肉などの肉類、アボカドやきゅうり、トマトといったお野菜などの食材を順番に重ねて、最後に型を抜くと完成!

ケーキのように丸い形をしていることから、「ガトー仕立て」と表現されていると言われています。

お店の名称

洋菓子店の名前に、「ガトー」を使うお店も少なくありません。もちろん、取り扱っているのがケーキや焼き菓子をはじめとした「ガトー」だから。

同じ洋菓子店を表すフランス語には「パティスリー」という言葉がありますが、そちらは主にケーキやパイなどの練り粉菓子が置かれ、「ガトー」と名のつくお店には焼き菓子を中心に販売、製造されていると言われています。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう