広がる旨味が止まらない!世界が虜になる「ウマミバーガー」とは

日本人が大好きな「旨味」。これに着目したハンバーガーが今、世界で大注目されています。その名も「ウマミバーガー」。ひと口食べれば最後、ひとつのハンバーガーに詰め込まれた旨味の波にあらがうことは不可能です。究極のハンバーガーの正体に迫ります!

2018年8月24日 更新

ウマミバーガーって?

「ウマミバーガー」とはアメリカロサンゼルスで誕生したハンバーガーショップです。これまでとはひと味違う、旨味を凝縮したハンバーガーがたちまち人気となり、TIME誌の「史上最も影響力のある17のバーガー」に選ばれるまでに!

名前の「ウマミ」は日本語の「旨味」に由来しています。旨味を最大限に引きだす調理法によって作られたハンバーガーだから「ウマミバーガー」という名前になったんですよ。

起源と歴史

「ウマミバーガー」が生まれたのは2009年です。設立してからというもの、あっという間に現地では"ここのハンバーガーは絶対に食べるべき!"と評判に。

そしてあれよあれよと、街で最高のレストランリストに名を連ねるようになりました。その成長と話題性はすさまじく、現在では全米で26店舗、そして「旨味」をこよなく愛する日本に1店舗出店を果たし、今なおそのブームを拡大してます。

そして2017年、日本、青山の地に「ウマミ」を持って上陸しました。

「ウマミ」に着目した上質なバーガー

第5の味覚「ウマミ」とは?

味覚には甘味、酸味、塩味、苦味などがありますが、「旨味」はそのどれをも超越した、深く満足感を得られる第5の味覚です。ひと口食べれば大胆で、芳醇で、風味いっぱいで、素材の奥深さに包まれます。これは熟成したチーズや干したキノコなど、誰でも体験したことのある感覚だと思います。

「ウマミバーガー」では、その「ウマミ」を取りいれ、あらがいがたいハンバーガーを生みだしました。

ウマミたっぷりな素材を使用

「ウマミ」がたっぷり詰まった素材、それはハンバーガーには欠かせない牛肉やチーズ、トマト、オニオンなどたくさんありますよね。ときにはトリュフといった高級食材も使用して、旨味を持つものはなんだって使っちゃいます。

さらに、「ウマミバーガー」では旨味たっぷりの和風な素材も大胆に使用。しいたけや醤油、ゴマなどを巧みに使って、極上の「ウマミ」を詰め込んだハンバーガーを完成させていくのです。

最大限に引き出す調理法

「ウマミバーガー」では調理する全ての素材の「ウマミ」を最大限に引き出すことを掲げています。素材を注意深く見極めて、何倍もおいしくするためには決して手間を惜しみません。

例えば牛肉やチーズなどはローストやスチーム調理で旨味を引き出し、普通は生で入っているトマトやオニオンなども、ローストして手を加えています。

どこまでも「ウマミ」を追求して作り上げた至極のひと品は、こうした調理法によって生まれたんですよ。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

camel6808

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう