苦さがクセになる♪「IPA」の魅力や由来・おすすめ5選

みなさんは「IPA」というビールをご存知ですか?ビールの中でも苦みを感じるクラフトビールですが、ただ苦いだけではありません。ホップの香りを1番楽しむことができるのもIPAなのです。今回はそのIPAの正体からおすすめ商品までをご紹介します!

2018年7月31日 更新

「IPA」とは?

なんの略なの?

IPAは、「India Pale Ale(インディアペールエール)」の略のこと。名前にも組み込まれている「ペールエール」は、醸造の製法に違いのことで、淡い琥珀色が特徴です。麦芽の香りがよい、辛口が日本国内でも人気をよんでいます。

どんなビールなの?

IPAは、ペールエールというビールが派生したもので、主にイギリスを中心に愛され続けた歴史のある味。醸造は20度から25度で発酵し、酵母が上面に浮くことから上面発酵のビールに分類されます。

アルコール度数が高く、ワインのようなフルーティな香りを楽しめる反面、その味は苦みが強くキレがあります。

「IPA」の魅力とは?

1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

koku_koku

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう