「減塩醤油」の上手な使い方は?自宅での作り方やおすすめ商品3選

健康志向が高まり、塩分の少ない「減塩醤油」について気になっている方は多いのではないでしょうか。今回は、さまざまな料理に使える減塩醤油について、上手な使い方・おすすめ商品・自宅の濃口醤油をアレンジした減塩醤油の作り方など、幅広くご紹介します。

減塩醤油ってどんなもの?

減塩醤油とは、名前の通り普通の醤油より塩分が少ないものを指します。製造の手間がかかるため少し値段は高めですが、生活習慣予防のために取り入れる人が多く、近年とても人気が高まっています。

その一方で「まずい」「添加物が入っている」など悪い噂を耳にし、実際のところどうなのか気になっている方が多いはず。今回は、減塩醤油のさまざまな特徴や、おすすめの使い方、自宅で作る方法など、詳しくご紹介します。

醤油の種類と塩分濃度

濃口醤油

家庭料理で使われる最も一般的な醤油が「濃口醤油」です。濃い色を持ち、味と香りのバランスが良いのが特徴で、レシピで「醤油」として記載されているのも濃口醤油を指します。メーカーによって差はありますが、塩分濃度は15〜16%、大さじ1で計算すると2.6g程度といわれています。

薄口醤油

「薄口醤油」は色や香りが薄く、煮物、吸い物など色合いや素材の香りを重視する料理に好んで使われます。色が薄いので塩分も低いと思われがちですが、濃口醤油より高い17〜18%、大さじ1で計算すると2.9g程度になります。

減塩醤油

商品のパッケージに「減塩」と表記する場合の塩分は、醤油100mlに対して塩分9g以下と決められており、塩分濃度は約9%、大さじ1で計算すると1.4g程度になります。減塩醤油と似た商品に「うす塩醤油」というものがありますが、塩分濃度は約13%と、減塩より少し高めです。

減塩醤油はまずい?気になる成分や特徴

減塩の秘密は作り方に

醤油の製造には発酵が欠かせないため、少ない塩で作ることはできません。このため一般的な減塩醤油は、通常と同じ方法で作った醤油を塩を取り除く装置に入れ、塩分濃度を半分以下にするという製法で作られています

普通の醤油に比べて減塩醤油の値段が高いのは、製造工程に手間と時間がかかるため。塩分が低い分保存効率が悪くなるので、賞味期限は短くなり、開封後は冷蔵庫で保管する必要があります

普通の醤油との味の違い

製造方法を見てもわかるように、減塩醤油は一般的な醤油と同じ作り方のため、味や香りに大きな差はありません。塩味が低い分「味が薄い、物足りない」と感じる場合はありますが、味そのものを「まずい」と感じることはほぼないと言えるでしょう。メーカーによって味に差があるので、お気に入りの減塩醤油を探してみるのもおすすめです。

カリウムなどの添加物が含まれることも

味の物足りなさを補ったり賞味期限を長くするために、保存料や化学調味料などの添加物を含む減塩醤油もあります。せっかく健康のために減塩醤油を取り入れているのに、普段より添加物を多く摂取していたとなるとガッカリですよね。

成分にこだわって作られている減塩醤油も多くあるので、気になる方はラベルで原材料を確認してから購入するようにしましょう。

減塩醤油を買うならコレ!おすすめ3選

1. 使い心地抜群!「味わいリッチ減塩しょうゆ」

おいしさや味わいを残し、塩分のみをカットした「味わいリッチ減塩しょうゆ」。お刺身や魚につけて楽しむだけでなく、普通の醤油と同じように幅広い料理に活用できます。キッコーマンが開発した『やわらか密封ボトル』はボトルの形が変形しないため、最後の一滴まで安定した使い心地を感じることができます。

2. 化学調味料・合成保存料不使用「寺岡家の有機うま味醤油減塩」

特集

SPECIAL CONTENTS