トーストが変わる!「バルミューダトースター」の特徴から口コミまで

各社発売のトースターの機能が向上し、注目が集まる中「バルミューダ ザ トースター」が凄いらしい、と話題です。その特徴や気になる価格、納得して買いたい性能やお手入れ方法、故障対応など、購入者の口コミと併せて、魅力をたっぷりとご紹介します。

話題!バルミューダの高級トースターが気になる!

バルミューダは、2003年に東京で設立された“素晴らしい体験を”をコンセプトにするメーカーです。現在の主力商品は家電。2010年に発売した、自然の風を再現した扇風機「ザ グリーンファン(The Green Fan)」で一躍有名となり、世界に進出しました。2015年には「バルミューダ ザ トースター(BALMUDA The Toaster)」を発売し、キッチン家電への進出を果たしています。

気になる価格は?

バルミューダの製品はどれもハイスペックに伴い、価格が高めなのも特徴です。「バルミューダ ザ トースター」の価格は税別22,900円(2018/6/18現在)。一般的なトースターが5,000円以下で買えることを考えると、かなり高価であると言えます。

高値も納得!ザ トースターで焼いたトーストのお味は?

パンの香りを存分に高め、最高の食感を実現すると言われるバルミューダのトースター。まるで焼きたてのような香ばしい小麦の香りが広がり、表面はサクッときつね色、中は水分が残ってしっとりとした食感のトーストが仕上がります。とっておきのバターを塗って、シンプルにいただくのがおすすめです。

バルミューダ ザ トースターの特徴

ふっくらパンの秘密は「スチームテクノロジー」

誰でもかんたんに最高のトーストが焼ける秘密は、たった5ccの水でパンがふっくら焼きあげる「スチームテクノロジー」です。

調理をする時に給水口に入れておけば、スチームが庫内に充満して、パンの表面が水分の膜で覆われます。庫内の空気よりも素早く加熱されるこの水分の膜によって、パンの表面だけが軽く焼けた状態に。パンの中の水分や香り、バターなどの油脂を閉じ込めたまま焼き上げられるんですよ。

考え抜かれた温度制御システム

「バルミューダ ザ トースター」は、60℃・160℃・220℃といった3つの温度帯を制御するシステムを備えています。60℃前後の温度帯は、デンプンがのり状になって、焼きたてのやわらかさと風味が蘇るポイント。160℃前後では表面がきつね色に色づき始め、220℃前後では焦げ目が付き始めるのです。

選べる5つのモード

「バルミューダ ザ トースター」は、パン別に選べる「トーストモード」「フランスパンモード」「クロワッサンモード」に加え、食パンに具材をのせて調理できる「チーズトーストモード」、170℃・200℃・230℃の温度別に設定できる「クラシックモード」の5つのモードが選べます。それぞれ中があたたまり始める温度や表面が色づき始める温度が違うためパン別に分けられているそうです。

バルミューダ ザ トースターの使い方

基本の使い方

1. パンを入れます。
2. トースター上部にある給水口に、専用のカップで5ccの水を入れます。(※クラシックモードでは水を入れずに使います。)
3. モードを選択しましょう。
4. タイマーをセットします。(※枚数やパンの厚みで時間を変える必要はありません。)

冷凍パンもふっくら♪ グラタンなどの料理にも!

冷凍パンを調理する際は、パンを凍ったままトースターに入れ、パンの種類に合わせてモードを設定し、通常よりも1~2分長めにタイマーをセットします。パンを保存する時は、冷蔵よりも冷凍したほうがおいしくいただけるのだとか。その日のうちに食べ切らない分は冷凍してしまいましょう。

また、クラシックモードではスチーム調理が行われず、設定の温度でトーストされるので、グラタンやお餅も焼けますよ。

お手入れ方法

特集

SPECIAL CONTENTS