ごちそう級に進化…!大阪で食べたい「コッペパン専門店」5選

「コッペパンといえば給食」という考えはもう古い!生地や挟む具材にこだわった、"ごちそうコッペパン"が空前の大ブームなんです。この記事では、大阪で食べられる「コッペパン専門店」を5つご紹介したいと思います。

大阪のコッペパン専門店

コッペパンといえば給食のイメージがありますが、近頃のコッペパンは、さまざまなものを挟んだ"ごちそうパン"に進化しているんです!

今回は、大阪で食べられる話題の「コッペパン専門店」を5つご紹介したいと思います♪

1. コバトパン工場

「コバトパン工場」は、大阪の天満橋駅から徒歩5分のところにある、関西初のコッペパン専門店です。水色のドアにバス停を模した看板など、絵本の世界のような外観も人気のひとつです。店舗前で写真を撮る方も多いのだとか。

具材からソースまで一つひとつ丁寧に手作りされるコッペパンは、約20もの種類が揃っています。週末限定や期間限定の商品もあるので、いつ行っても選ぶ楽しさがありますよ♪

あん塩バター

出典:www.instagram.com

大230円(税込) 小130円(税込)

「コバトパン工場」で一番人気なのが、こちらの「あん塩バター」。あんこのほどよい甘さとバターの塩気がマッチしたひと品です。サイズは大と小があるので、色々な種類を食べ比べたい方は、小を選ぶのがおすすめですよ♪

店舗情報

■店舗名:コバトパン工場
■最寄駅:大阪市営地下鉄谷町線「天満橋」駅
京阪電車「天満橋」駅より徒歩5分
■住所:大阪市北区天満3-4-22 日宝岩井町ビル1階
■電話番号:06-6354-5810
■営業時間:[月~土] 8:00~20:00
[日・祝] 8:00~18:00
■定休日:水曜日
■公式HP:http://baton-group.com/shop-list/cobatopan/

2. ナルコッペ 高島屋大阪店

大阪・なんば駅直結の高島屋地下1階にある「ナルコッペ」。70年の歴史を持つ「鳴海屋製パン」と高島屋が共同開発したコッペパン専門店です。黒と白で統一された、移動販売車のような店舗外観がとてもキュートです♪ ショーケースには所せましとコッペパンが並べられています。

“気軽に食べられる”というコンセプトのもと考えられたメニューは、スイーツ系・がっつり系・サラダ系など種類も豊富です。コッペパンも「白パン」「シリアル入り」「テーブルロール」の3種類がありますよ!

ミルコッペ

コッペパンのスリットにこれでもかとホイップクリームが盛られ、つぶつぶアーモンドがたっぷりトッピングされたひと品です。一見重たそうですが、ふわふわとした軽めのホイップクリームなので、ペロリと食べられちゃいますよ♪

店舗情報

■店舗名:ナルコッペ 高島屋大阪店
■最寄駅:各線なんば駅すぐ
■電話番号:080-2513-5820
■営業時間:10:00~20:00 ※時期により変更あり
■定休日:大阪高島屋に準拠
■公式HP:http://www.narutoya.net/shop/narukoppe.html

3. やわらかシロコッペ 大丸梅田店

「やわらかシロコッペ」は名古屋の老舗喫茶店「コメダ珈琲」が展開するコッペパン専門店です。「コメダ珈琲」は開業以来、自社工場にて職人が心を込めてパンを製造しています。

小麦粉や発酵時間、焼き方など、こだわりの素材と熟練の技術で作り上げられたコッペパンは、しっとりやわらか。各店舗でカットし、調理するというスタイルでおいしさの鮮度も抜群です。

特集

SPECIAL CONTENTS