黄金比で作るバカルディのモヒート!作る際のポイントやアレンジ法も

暑い季節においしいカクテル「モヒート」。ラム酒メーカー「バカルディ」の「クラシックカクテルズモヒート」は、自宅でかんたんにモヒート作れるお酒です。今回はその作り方やアレンジ方法、作る際のポイントを紹介します。

絶品モヒートが簡単!バカルディクラシックカクテルズモヒート

バカルディってどんなブランド?

バーや自宅でスピリッツを飲む人にとって欠かせないラム酒ブランド「バカルディ」。世界最大のラム酒ブランドで、1862年にキューバで設立されました。

キューバ生まれの「モヒート」や「バカルディ」「キューバ・リブレ」「ダイキリ」といった有名なカクテルが生まれる過程で大きな影響を与えたブランドだと言われています。

どんなリキュールなの?

モヒートとは、ラムにミントの葉やライム、砂糖を加えて作るトロピカルカクテルのこと。バーなどで振舞われる本格的なアルコールです。バーやお店など目の前で作ってもらうとなんだか手の込んだやり方で自分で作るのは難しそう!

今回特集するバカルディの「クラシックカクテルズモヒート」を使うと、炭酸水と氷を用意するだけでおいしいモヒートを自宅で味わうことができます。

アルコール度数18%ということで少し高めですが、炭酸水やカットレモンなどと一緒に口にすることで爽やかで本格的なモヒートを楽しめる1本です♪

クラシックカクテルズモヒートの楽しみ方

材料(1杯分)

・バカルディクラシックカクテルズモヒート
・氷
・炭酸水
・ミントの葉、カットライムまたはカットレモン

作り方

作り方はかんたん!グラスに適量の氷を入れて、バカルディ「クラシックカクテルズモヒート」とお好みの炭酸水を注ぎます。このときのクラシックカクテルズモヒートと炭酸水の割合は1:1または1:0.5が理想的!そこにお好みでミントの葉やカットライムまたはカットレモンを添えたら完成です♪

作るときのポイント

黄金比の1:1で

バカルディの「クラシックカクテルズモヒート」は、カクテルと割る炭酸やジュースなどの割合を1:1で混ぜるのがポイントになります。モヒート自体のアルコールや風味を損なわず、濃すぎないモヒートを楽しむことができます。

もしモヒートの味をもっと楽しみたい、モヒートの味をより濃くしたいと思う方は、1:0.5の比率でモヒートと炭酸水を合わせてみてください♪

2つのおすすめアレンジ方法

バカルディの「クラシックカクテルズモヒート」を使うのメリットは、材料を混ぜ合わせるだけでかんたんに本格的なモヒートができてしまうことが挙げられますが、同時にモヒートの本格的な風味を楽しめることも理由のひとつです。

「クラシックカクテルズモヒート」と氷、ミント、カットライムが揃えばあとは混ぜるだけという手軽さなので、ほかの材料を取り入れてのアレンジもとってもかんたん、そしてよりおいしくできるんです♪

1. クラシックカクテルズモヒート×フルーツジュース

お酒にそこまで強くない、甘いカクテルが好きという人におすすめのアレンジ。バカルディの「クラシックカクテルズモヒート」に、フルーツジュースを混ぜるだけ!

おすすめはオレンジやパイナップルなど味の主張が少し強めの果汁100%のジュース。暑い日にうれしい、トロピカルな雰囲気に仕上げてくれますよ♪

2. クラシックカクテルズモヒート×コーラ

特集

SPECIAL CONTENTS