産地別シラーの特徴

フランス

産地によって、少しずつ味わいが変わるのがシラーの楽しさのひとつ。原産であるフランスのローヌ地方のシラーは、スパイシーさが一番の特徴です。

エレガントで繊細で、価格が高めのワインにブレンドされることが多々あります。ミディアムからフルボディに分類される場合がほとんど。フランス南部では、単一よりもブレンドのほうがよく見られます。

オーストラリア

オーストラリアは、フランスに次ぐシラーの生産地。夏がそれなりに暑くなり、太陽の光が降り注ぐことがシラーの栽培条件です。オーストラリアの土地は、シラーの栽培に適しているんですね。

オーストラリアのシラーは、フランスとは少し違い、果実味が豊かなのが特徴です。濃密で、なめらかなタンニンを感じる飲みやすさ。飲みやすさの中に力強さも感じられる、とてもバランスのとれたシラーズです。ブラックベリーやブルーベリーのアロマを感じます。

そのほかの地域

シラーは、栽培地域が徐々に拡がっていて、今ではカリフォルニアやチリ、アルゼンチン、スペイン、ニュージーランドといった国々でも造られるようになりました。冷涼な地域が、栽培に適していると言われています。

スペイン、アルゼンチン、カリフォルニアなどのシラーはフルボディで甘いたばこのようなアロマが特徴。チリやワシントンのシラーは、ミディアム~フルボディで、プラムやオリーブのようなアロマが特徴です。

シラーと合う料理

肉料理

赤ワインが肉料理に合うというのはよく言われますが、シラーは特に肉料理におすすめです。なかでも、鹿肉や鴨肉など、血の香りの強いジビエ料理との相性は抜群!

ジビエ料理特有の野生らしい肉々しさをかき消すのではなく、うまくマリアージュしてまとめあげる、素晴らしい組み合わせです。シンプルなステーキともよく合いますよ。

また、シラーはスパイシーな料理とも相性バッチリ。黒コショウをきかせてローストした肉料理や、焼肉やバーベキューなどもおすすめです。唐揚げや春巻きを作るときに、少しスパイシーにするとさらにおいしく感じられます。

クリスマスに登場する、ローズマリーなどのハーブをきかせて焼くチキンのローストには、ぜひシラーを合わせてくださいね。

煮込み料理

シラーは、濃厚な煮込み料理ともよく合います。ビーフシチューや子羊の蒸し煮、濃厚なソースたっぷりのパスタなどがおすすめです。

そのほかにも、サバのみそ煮やなす田楽などの和食ともよく合いますよ。醤油や味噌のような、発酵調味料とのマリアージュも絶妙なのが、シラーの面白さのひとつです♪
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ