赤ワインの原料「シラー」って?特徴や合う料理・厳選商品5種も

赤ワインのぶどう品種をどのくらい知っていますか?カベルネ・ソーヴィニョンやメルローなどいろいろありますが、今回は「シラー」にフォーカスしました。特徴や合う料理などを掘り下げていきます。おすすめワインものせていますので、参考にしてくださいね♪

2018年6月15日 更新

シラーの濃厚な味わいと多彩なアロマにうっとり

シラーとは

ワインにはさまざまなブドウ品種が使われています。今回はそのひとつ「シラー」についてご紹介しましょう。シラーは赤ワイン用のブドウ品種です。フランスのローヌ地方北部が原産で、オーストラリアなどでは「シラーズ」という名前でも親しまれています。

フランスやオーストラリア以外でも、スペインやアルゼンチン、チリやポルトガルなど広範囲で造られています。造られる土地によって味にも少しずつ差があるのが、シラーの楽しみ方のひとつ。

単一もブレンドも

シラー単一でつくられるワインもたくさんありますが、ほかの品種とブレンドされることも多いのが特徴。シラーは、長期熟成能力をもつ優秀な品種なので、ほかの品種に混ぜられることが多いんです。

フランスではグルナッシュ、オーストラリアではカベルネ・ソーヴィニョンとブレンドされているものが多く見られます。シラーの味わいを知りたい方は、まずはじめは単一ブレンドから飲んでみるのがオススメです。

シラーの味わいや香りの特徴

1 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Temi

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう