赤ワインの原料「シラー」って?特徴や合う料理・厳選商品5種も

赤ワインのぶどう品種をどのくらい知っていますか?カベルネ・ソーヴィニョンやメルローなどいろいろありますが、今回は「シラー」にフォーカスしました。特徴や合う料理などを掘り下げていきます。おすすめワインものせていますので、参考にしてくださいね♪

2018年6月15日 更新

ライター : Temi

仕事と子育てをしながら、ゆるーく楽しい暮らしを目指すアラサー主婦です。野菜と果物、お酒が大好き。

シラーの濃厚な味わいと多彩なアロマにうっとり

シラーとは

ワインにはさまざまなブドウ品種が使われています。今回はそのひとつ「シラー」についてご紹介しましょう。シラーは赤ワイン用のブドウ品種です。フランスのローヌ地方北部が原産で、オーストラリアなどでは「シラーズ」という名前でも親しまれています。 フランスやオーストラリア以外でも、スペインやアルゼンチン、チリやポルトガルなど広範囲で造られています。造られる土地によって味にも少しずつ差があるのが、シラーの楽しみ方のひとつ。

単一もブレンドも

シラー単一でつくられるワインもたくさんありますが、ほかの品種とブレンドされることも多いのが特徴。シラーは、長期熟成能力をもつ優秀な品種なので、ほかの品種に混ぜられることが多いんです。 フランスではグルナッシュ、オーストラリアではカベルネ・ソーヴィニョンとブレンドされているものが多く見られます。シラーの味わいを知りたい方は、まずはじめは単一ブレンドから飲んでみるのがオススメです。

シラーの味わいや香りの特徴

味わい

シラーと聞くと、どっしりと重めで渋みのあるワインを想像する方が多いかもしれませんが、実はとても果実味があり上品な味わいなんです。スパイシーさが特徴のひとつですが、カシスのような豊かな風味もあります。 タンニンがしっかりと感じられるので、フルボディのワインが好きな方に特に好まれるワインです。高級ワインにもブレンドされることの多いシラーは、上品でありながらも飲みやすさを兼ね備えた、優秀なブドウ品種なんですね♪

アロマ(香り)

シラーのアロマについてはいろいろな例えがありますが、バニラや黒コショウのようなスパイス系のアロマに例えられることが多いです。ほかにも、カカオやプルーン、オリーブ、ブラックベリーといったような、エレガントな表現をされることが多くみられます。 このほかにも、動物の皮革である「レザー」や、甘いタバコのスモーキーな香り、スミレといった、食べ物以外のものに例えられることもあります。芳醇な香りとまろやかなタンニンのバランスがくクセになる、奥深い味わいです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS