さつまいもの植え付け、収穫時期は?保存方法から注意点も

ほくほくと甘くておいしいさつまいも。秋になると、おかずやおやつ、炊き込みご飯などにも使えて幅広く活躍する野菜です。さつまいもの栽培はわりと簡単で、家庭菜園向きということをご存知でしょうか?さつまいもの植え付け・収穫時期や収穫の注意点を紹介!

家庭菜園のさつまいもの収穫時期は?

植え付け時期

秋の食材の定番、さつまいも。実は、家庭菜園する作物としてかなり育てやすい部類です。お子さんと一緒に芋掘りをしたり、焼き芋やスイートポテトを作るといった楽しみがあるのも魅力です。

まずはさつまいもの植え付け時期ですが、だいたい5月から6月にかけて行いましょう。寒冷地、暖地によって多少のずれはありますが、この暖かくなってきたころが植え付けのタイミングとしてベストです。

さつまいもの生育の適温は25℃から30℃。それを目安にするとわかりやすいでしょう。

収穫時期

さつまいもの旬は秋から冬にかけてですよね。収穫時期は10月がメイン。温かい地域であれば前後2か月も含め、だいたい2ヶ月半の間収穫することができます。

収穫のタイミングを見極める方法

植え付けからの日数でカウントする

収穫のころ合いは10月ですが、植え付け時期によっては変動することもありますよね。そんなときに目安になるのが日数です。植え付けの日時を記録しておき、植え付けから110日から120日前後が収穫の目安になります。

あらかじめ植え付けした日に日数を計算しておき、収穫日をカレンダーに記しておくとわかりやすいです。

ただ、その日と決めたから必ずその日に収穫しなければならないということはありません。さつまいものツルは雨が続くと脆くなり、さつまいもが掘りにくくなります。収穫日は晴天が数日続いた日がおすすめ!

霜がおりるとさつまいもがだめになってしまうので、霜がおりて本格的に寒くなる前に収穫してしまいましょう。

葉の色を見る

収穫の時期はさつまいもの葉の色でも判断することができます。さつまいもの葉は生育時には青々としていますが、収穫にいい時期になると色が薄くなり、黄色から赤に変色していきます。そうなるとちょうどいいころ合い。さつまいもを掘ってみなくても、葉を見ただけで生育度合いがわかります。

試し掘りをしてみる

いちばん確実な方法が試し掘りをしてみるということ。だいたいは上記の方法でOKですが、さつまいもの大きさを確認し、まだ小さいと思うようでしたらもうしばらく植えたままにしておく、という方法です。

一応の目安は植え付けからの日数や葉の色。さつまいものツルや芋自体を傷つけないようにやさしく掘り起こし、十分な大きさ20cmから25cm前後になっていたらそのまま収穫しましょう。まだ小さいものは植えたままにしておきます。

さつまいもの収穫方法

さつまいもは、上で説明したとおり、晴れた日に収穫します。ツルの根本を切り、マルチをめくってからさつまいもをゆっくりやさしく掘り起こしましょう。このとき雑に扱ってしまうとさつまいもが折れてしまうことがあります。

さつまいもを土から引っこ抜く、というのをやりがちですが、スコップを使って周りの土をどかしながら掘ります。スコップでもさつまいもを傷つけないよう注意しましょう。

収穫後のさつまいもの保存方法

日陰干しで乾燥させて保存

作物は収穫して新鮮なうちに食べたい、というのが基本だと思いますが、さつまいもは収穫してすぐ食べるのはよくありません。

さつまいもは収穫してすぐよりも、しばらく熟成させたほうが甘みが増します。収穫したらさつまいもを洗わず、まずは日陰で干して乾燥させてから保存しましょう。

ダンボールに新聞を敷きつめ、その中に入れて保存するのがおすすめです。無駄な乾燥や低温からさつまいもを守ることができます。9℃以下で保存するとさつまいもの腐敗を早めてしまうので、冷蔵庫で保存しないよう注意してください。

さらに長く保存したいときは?

さつまいもがおいしくなるのは、1ヶ月から2ヶ月熟成させてから。2週間もすればでんぷんが糖類に変化して甘みが増し始めます。

長く保存したい場合も上記の方法、ダンボールと新聞紙で大丈夫です。

特集

SPECIAL CONTENTS