意外と簡単!便利でお洒落なトートバッグの作り方まとめ

トートバッグなんて家庭で作れない!と思いがちですが、家庭用ミシンで簡単にトートバッグを作ることができるんです。柄やサイズ、持ち手、ポケットまでお好きなものをえらぶことができるので、お気に入りを作ることができますよ。

トートバッグの作り方は簡単♪

まずはサイズを決めよう

まずはサイズを決めましょう。ちょっとしたお買い物に便利な小さ目サイズから、お出かけ用の大き目バッグまでお好きなサイズを作ることができますよ。ハンドメイド初心者さんは、ミドルサイズから始めるのがおすすめです。

次は生地選びを

サイズを決めたら、次は生地を決めましょう。生地とひと言に行っても、様々な種類やデザインがあります。トートバッグを作るなら、帆布やオックスがおすすめです。荷物を入れたり重たくなりがちなかばんは、しっかりとした生地で作るのがおすすめです。

デザインはどうする?

次に作りたいデザインを考えましょう。内ポケットや外ポケット、持ち手は肩掛け?手持ち?2wayという選択肢もあります。中が見えないように巾着にする、なんてアイデアも素敵ですよ。自分にぴったりなデザインを想像して紙に書き出してみるのもおすすめです。

トートバッグの基本の作り方

まずは、生地を裁断します。ウェブ上にもたくさんの型紙が無料で配布されているので参考にしてみてください。裁断したら、縫い合わせていきます。まずは端処理をします。ほとんどが直線縫いなので、とっても簡単です。完了したら、サイドと取っ手をつけて完成です。

道具と材料

ミシン、厚手用のミシン針・糸、チャコペン、型紙、裁ちばさみ、マチバリ、お好みのカラー、サイズの布(帆布やキルト生地など丈夫な生地がおすすめです。)

作り方

1.型紙を布にマチバリで留め、裁断する。(縫い代がない型紙の場合は、縫い代を取って裁断してください。)
2.切れ端を織り込んでマチバリで留め、アイロンをかけます。
3.織り込んだ部分にミシンをかけます。
4.トートバッグのサイドにミシンをかけます。
5.マチ部分三角にミシンをかけ、マチを作ります。
6.取っ手をつけて完成。

裁縫が得意な方は応用アレンジを

裏地付き

裏地をつけることで、とても華やかな印象に。オリジナル感のあるトートバッグを作りたい方にもおすすめです。また耐久性もUPするので、ガンガン使いたい!という方は裏地ありのトートバッグがおすすめです。裏地をつけることで、切れ端の処理が不要になるのも嬉しいポイントです。

ファスナー付き

中まで丸見えになりやすいトートバッグはファスナーをつけることで解決しちゃいましょう。難しいイメージですが、ファスナー押えを使うだけで簡単に縫い付けることができるんです。一度覚えると、裁縫の幅がグッと広がるのでぜひ試してみてくださいね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

yukiuki

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう