ライター : aaaharp

紅茶が好き。ライターとして、食だけでなくあらゆる分野のメディアで執筆しています。あちこちにアンテナを張っているので、暮らしに役立つ情報やトレンドをどんどんお届けしていきます。

冷蔵庫の比較ポイント

価格

家電選びで基準になるのは、まず価格です。あらかじめ予算を決めてから、予算に見合うものを選びましょう。価格によってある程度機能やサイズも制限されるため、生活スタイルにも左右される部分です。 海外製品の冷蔵庫であれば、国内メーカー大手の冷蔵庫よりも安価であることが多いです。単身赴任でほんの数年だけひとり暮らしをする、大学4年間の間だけしようするなど、使用する期間が短い場合は安さを優先するのもありです。

容量

冷蔵庫の大きさは容量で表します。冷蔵庫は車に置いておけるほどの小さなものから、人よりも大きいものまで大小さまざまです。冷蔵庫を使う家族の人数を目安に、大体のおすすめの容量を紹介します。 一般的に目安となるのが、家族の人数×70+100L(+予備70L)です。ひとり分を70Lとして、家族が増えるだけ同じ分の容量をとります。100Lは常備用のスペースですね。 この計算で考えると、例えばひとり暮らしの場合は1×70+100(+70)=240Lとなります。が、これはあくまでも目安です。自炊をする、しないによって使用する容量は大きく変わるはずです。そういった点を考慮すれば、自炊しなければ80L程度でも十分暮らせる、といわれています。

サイズ

サイズは容量と比例します。メーカーや型番によって、同じ容量であっても横幅、縦幅が異なることが多いため、冷蔵庫を置こうと考えているキッチンのスペースをあらかじめ測っておいてから選ぶようにしましょう。

省エネ

毎日24時間、年中無休で稼働しているのが当たり前の冷蔵庫は、省エネかどうかも選ぶポイントになりますよね。 冷蔵庫は24時間ずっと稼働するものなので、メーカーとしても省エネには力を入れているところ。省エネであることが標準装備、というのが今の時代ですが、ものによってはエコモードが選べるものや、使わない冷蔵庫の部屋は自動的に節電するもの、節電状況をモニターでチェックできるようなものもあります。 こうした高機能の冷蔵庫は、ファミリー向けの高価格帯のものがほとんどです。

冷蔵庫の相場は?

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS