小ぶりでも旨い!「せいこ蟹」のおいしい食べ方&通販サイト3選

ぷりぷりとした身がおいしい蟹。小ぶりながらファンの絶えない「せいこ蟹」をご存知でしょうか?セコ蟹や香箱蟹としても知られるせいこ蟹。その特徴やお味、旬のシーズンにおいしい食べ方、そしておすすめの通販サイト3選をご紹介します。

2019年1月28日 更新

濃厚!おいしい!一度は食べたい「せいこ蟹」

せいこ蟹(セコ蟹・香箱ガニ)とは

メスのズワイガニのことを「せいこ蟹」と言います。 オスのズワイガニに比べるととても小さく身も少なくなってしますが、タマゴをたくさん抱えており、蟹ミソもたっぷりと入っていてとっても人気なんですよ。

水揚げされる地域によって呼び方が変わるのも特徴で、福井県では「せいこ蟹」、鳥取県・島根県・兵庫県・京都府などでは「セコ蟹」と呼ばれ、石川県では「香箱ガニ」「甲箱ガニ(こうばこガニ)」とも呼ばれるそうですよ。

せいこ蟹の味わい

メスはオスに比べると体が小さく身は少なめですが、その分味は濃厚なんです。また、先にも触れたとおり、せいこ蟹には内子といわれる未成熟のタマゴがお腹の中にたくさん、外子といわれるタマゴもお腹の外に抱えていて、オスのズワイガニには無い味わいがあり人気となっていますよ。

せいこ蟹が獲れる地域

“せいこ蟹”と呼ばれるのは、福井県で採られたズワイガニのメスだけ。そんな国産のせいこ蟹を含むズワイガニは、主に北海道沖から日本海で水揚げされるほか、太平洋側でも獲られています。

ズワイガニがいちばん多く獲られるのは兵庫県で、次いで鳥取県となり、この2県で全体の50%以上を占めます。そして石川県、福井県と続き、この4県で国産の80%弱を水揚げ。太平洋側の福島県も水揚げ量7位を誇っていますよ。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう