ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

通関士として商社勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、天然酵母パンとスイーツを製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にやさしいものを追求中。趣味…もっとみる

柳宗理(SORI YANAGI)とは

「柳宗理(SORI YANAGI)」とは、20世紀に活躍した日本を代表するインダストリアルデザイナー柳 宗理氏が手掛けたブランド。柳氏は、家具や建築物などのデザインも多く手掛けていますが、キッチンアイテムのデザインも高い評価を得ています。

1974年に発売開始して以来、カトラリーやフライパン、鍋などステンレス製品を中心としたアイテムを展開しています。製品を作る際は、実物大モデルを作り、模型の試用を重ねるこだわりよう。使い勝手を重視した調理器具は、手にもキッチンにもフィットしますよ。

柳宗理の鍋の魅力が知りたい!

飽きのこない洗練されたデザイン

柳宗理の鍋は、幅広い年代の方に愛用されています。その理由のひとつが「飽きのこないデザイン」。行平鍋を基にデザインしたという片手鍋は、どんなキッチンにもしっくりとなじみます。ライフスタイルが変わっても長く使えるのは、洗練されたデザインだからこそ。

考え抜かれた形状と蓋

柳宗理のステンレス鍋を代表する「片手鍋」は、両側に注ぎ口がついた個性的な形。右利き・左利きどちらの方も液だれせずに汁物を盛り付けることができます。

また、蓋にも深いこだわりがあります。片手鍋の蓋は、回転させて本体との隙間を調節できる形状。吹きこぼれを防げ、湯切りがスムーズにできますよ。煮物の煮汁を捨てるときも、蓋で中身を押さえたまま調節できるので、量の加減が簡単です。

軽くて扱いやすいステンレス製

ステンレス鍋には、耐食性のある「18-8ステンレス」を使用。薄くて軽くサビにも強いという特徴の素材です。毎日何度も使うものですから、扱いやすいものがよいですよね。

重さは、一番小さなミルクパンで約420g。深型の両手鍋でも約1.4kgなので女性が楽に使えます。丈夫で壊れにくいのも人気の理由。日々のお料理になくてはならない相棒になりそうですね。

柳宗理の鍋のお手入れ方法

普段のお手入れ法

先ほどご紹介したように、さびにくいステンレスを使用しているので、普段のお手入れはそれほどむずかしくありません。使ったあとは早めに食器用洗剤をつけたスポンジで十分に洗い、よくすすぎましょう。すすいだあとは、水気をよくふき取ってください。

また、長く使っているとハンドル部分がぐらつくことがあるかもしれません。ハンドルは、ネジで固定しているので、ドライバーで締め直すとぐらつきが解消されますよ。気になる方は取扱説明書を参考に調整してください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ