ライター : 4575

子育てフードライター

小学生の子どもを持つママ、4575です。家事や仕事に忙しくてもおいしいごはんを作りたい!とレシピを日々研究中。作り置きや時短料理など、毎日のお料理を楽しく作るレシピをたくさん紹…もっとみる

柳宗理(SORI YANAGI)とは

柳宗理(SORI YANAGI)とは、20世紀に活躍した日本を代表するインダストリアルデザイナー「柳宗理」氏が手掛けたブランドです。柳氏は、家具や建築物などのデザインも多く手掛けた方ですが、キッチンアイテムも高い評価を得ています。 1974年の発売以来、カトラリーやフライパン、鍋などステンレス製品を中心にしたアイテムが生まれています。製品を作る際は、実物大モデルをつくり、模型の試用を重ねるこだわりよう。使い勝手を重視した調理器具は手にもキッチンにもフィットしています。

柳宗理の鍋の魅力が知りたい!

飽きのこない洗練されたデザイン

柳宗理のお鍋は、幅広い年代の方に愛用されています。その理由のひとつが「飽きのこないデザイン」。行平鍋を基にデザインしたという片手鍋は、どんなキッチンにもしっくりとなじみます。ライフスタイルが変わっても長く使えるのは、洗練されたデザインだからこそ。

考え抜かれた形状と蓋

柳宗理のステンレス鍋を代表する「片手鍋」は両側に注ぎ口がついた個性的な形。右利き・左利きどちらの方も液だれせずに汁物を盛り付けることができます。 また蓋にもこだわりが。片手鍋の蓋は、回転させて本体との隙間を調節できる形状になっています。蓋の向きによって隙間が調節できるため吹きこぼれを防げますし、湯切りもスムーズ。煮物の煮汁を捨てる時も、蓋で中身を押さえたまま隙間を調節できるので、捨てる煮汁の量の加減も簡単です♪

軽くて扱いやすいステンレス製

ステンレス鍋には、耐食性のある「18-8ステンレス」を使用。薄くて軽くサビにも強いという特徴のある素材です。毎日何度も使うものですから、扱いやすいものがよいですよね。 重さは一番小さなミルクパンで約420g。深型の両手鍋でも約1.4kgなので女性も楽に使えます。丈夫で壊れにくいのも人気の理由。日々のお料理になくてはならない相棒になりそうです。

柳宗理の鍋のお手入れ方法

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS