1. ソムタムヌア

バンコク「サイアム駅」の目の前にある「ソムタムヌア(Som Tam Nua)」は、いつも行列ができている超人気店! 大型ショッピングセンターが密集する、賑やかな街の中にあります。 屋台ではなく、茶色を基調としたおしゃれな雰囲気のお店なので、衛生面に敏感な人でも安心♪ 1階に約30席、2階に約120席という大型店です。

ソムタム

75バーツ(約262円)
食べるべきメニューは、店名にもなっている「ソムタム」。ソムタムとは、青パパイヤを使ったサラダのことですが、最近はニンジンやマンゴーなどを使ったソムタムも登場しています。青パパイヤを使ったソムタムを、正式には「ソムタムタイ」といいます。 ソムタムの「ソム」は「酸っぱい」という意味。ライムと唐辛子を効かせ、ナンプラーや砂糖で仕上げたソムタムは、甘くて辛くてキリッと酸味が感じられるひと品です。こちらの「ソムタムタイ」は、青パパイヤのシャキシャキ感がほどよく、心地よい歯ざわりが楽しめます。

店舗情報

■店舗名:ソムタムヌア(Som Tam Nua) ■最寄駅:BTS「サイアム駅」すぐ ■電話番号: +66 2 251 4880 ■営業時間:10:45~22:00 ■定休日:無休

2. ソンブーンシーフード

バンコクで有名なシーフードレストランといえば「ソンブーンシーフード(SOMBOON SEAFOOD)」でしょう。ソンブーンは現在(2018年5月時点)、本店バンタットン店をはじめ、バンコク市内に8店舗あります。 本場らしい喧騒や雰囲気を味わいたい方は本店もいいですが、衛生面が気になる方はサイアムスクエアワン店など、ショッピングモールに入っているお店がおすすめですよ。

プーパッポンカリー

Sサイズ 380バーツ(約1,330円)~
ソンブーンの定番料理といえば「プーパッポンカリー」です。「ソンブーンを訪れて、プーパッポンカリーを注文しない人はいない!」というほどの人気メニューです。「プーパッポンカリー」とは、蟹のカレー炒めのこと。 ピリ辛の唐辛子味噌で炒めた蟹にココナッツミルクを加え、最後に卵でとじたシーフードカレーは、ピリッとした辛さと、ココナッツミルクのマイルドな風味が魅力。卵のふわふわ食感が蟹とうまく絡み合った絶妙な味わいは、現地の人はもちろん、観光客もトリコになるひと品です。

店舗情報

■店舗名:ソンブーンシーフード(SOMBOON SEAFOOD)本店 ■最寄駅:BTS「チョンノンスィ駅」より徒歩10分 ■電話番号:+66 2 214 4927 ■営業時間:16:00~23:30 ■定休日:無休 ■公式HP:http://www.somboonseafood.com/?utm_source=tripadvisor&utm_medium=referral
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ