ハマると抜け出せない!? ペルノの魅力とおいしい飲み方

美しく澄んだ黄緑色の液体が、水を入れるとミルキーに変化するフランス版にごり酒「ペルノ」。バーベキューやキャンプなどにも、ボトル1本あれば、多勢で楽しめます♪

ハマると抜け出せない!? ペルノの魅力

ペルノとは

フランスの世界的酒造メーカー・ペルノ・リカール社が製造するリキュール「ペルノ」。緑のボトルが綺麗な佇まいで、名前を聞いたことがなくてもバーなどに置かれているのを見かけたことがある方も多いはず。アルコール度数は40度!

水割りにするとたちまち白く濁り、最後にはまるで乳酸菌飲料のようにミルキーな色になるアニスのリキュールです。薬草であるアニスは味と香りは中華の八角にも似ているのでクセが強く、好みが分かれるお酒でもありますが、その分、ハマってしまう人も多い魅惑的な味です。

独特の味わいと香り

アニスやリコリスをはじめとした15種類にも及ぶハーブ(薬草)を使用。そのため一瞬、お酒というより薬を飲んでいる、しかもおいしい薬を飲んでいる、そんな錯覚を抱く人も多いそう。

ほのかな甘さを感じさせる独特の香味をもつアニスはセリ科の1年草で、世界でもっとも歴史の古いスパイスのひとつ。暑い日に飲むと爽やかな気分になれる、とりわけ南仏の屋外でペタンクをしながら、などの場面で好んで飲まれているリキュールです。

「危険なお酒」と呼ばれたペルノ・アブサン

ペルノ・アブサンとパスティス

ピカソやゴッホなど芸術家達に愛されたお酒「アブサン」はペルノの元祖。薬っぽい風味がありながらも程よい甘さと口の中がスーッとする爽やかさがあり、70度のアルコール度数を感じずスイスイと飲めてしまいます。

ただ、アブサンの主原料であるニガヨモギが19世紀、有毒成分があり幻覚・錯乱症状が生じるとみなされ、それで「キケンなお酒」といわれ一時期、製造販売が中止になりました。その中止期間に代用品としてニガヨモギの代わりにアニスやスターアニス(八角)を用い生まれたのが「パスティス」。有名なリキュールのひと品種となりました。

そしてアブサンも「ニガヨモギは一度によほど大量に摂取しない限り毒性が出ないもの」「単なる芸術家達のアルコール中毒」とされ、1985年復活しました。

ペルノのおいしい飲み方

水割り

本国フランスでも水割りがもっともポピュラー。ペルノ1に対して水5が基本。でもお好みで水を3や4にして濃度を調整できます。

美しく澄んだ黄緑色の液体が、水を入れた途端にミルキーな黄色に変化。その色のうつろいを楽しめるのもペルノの魅力。氷を入れる場合は最後に入れるのがポイントです。

炭酸飲料水で割る

ペルノは1杯目にちょうどいい食前酒。ストレートで飲むと少し甘めなお酒ですが、ソーダやジンジャエール割りにすれば男性には甘すぎず、女性にもちょうどよい甘さになります。ビール代わりにもおすすめ!

いつもの「とりあえずビール!」より少しオシャレにしたい時などに、いかがでしょうか。お好みでレモンやライムを絞ったりミントの葉を加えてもさらにオシャレになります。

フルーツジュースで割る

薬草フレーバのペルノにオレンジやパイン、グレープフルーツなどのジュースはベストマッチ。デザート代わりの食後酒にもオススメです。とりわけオレンジジュースは大人気!

グレナデンシロップがあれば、まずは底にシロップを注ぎペルノとオレンジジュースを加え、最後に氷。ゆっくりとかき混ぜながらグラデーションを楽しめます。

ペルノだけじゃない!ハーブ系リキュール3選

1. 世界中にファンを持つ!「リカール」

アブサンの製造販売停止期間に似せて造られた「パスティス」の中で、世界で最も人気なのがこのリカール(RICARD)。スターアニス、リコリス、フェンネルなどの薬草や香草を96度の中性スピリッツに浸漬して蒸留。水、砂糖、カラメルなどを加えてつくられ、アニスの風味と甘さ、爽やかさは抜群。エキス分は2%、アルコール度数は45度です。

2. 美しい黄金色が特徴!「スーズ」

特集

SPECIAL CONTENTS