ノリタケの食器はなぜ愛される?その魅力とおすすめ商品5選!

誰もが目にしたことがあるノリタケの食器。その歴史は1世紀以上さかのぼります。日本製でありながら、欧米でも愛された人気の秘密はどこにあるのでしょう。ノリタケの歴史や食器づくりへのこだわり、贈り物にしたいおすすめのアイテムをご紹介します。

「ノリタケ食器」ってどんなブランド?

日本で初めて欧州の欧州の文化であるディナーセットを製造したノリタケ。その始まりは、白磁陶器やボーンチャイナの「白」へのこだわりが原点です。そして100年以上もの歴史を重ねる中で蓄積されたデザインや職人技を、財産として継承し続けています。また材料の開発からデザイン・成形・絵付けなど全行程を自社で行うものづくりへのこだわり。それらのこだわりすべてが、長きにわたってノリタケ食器が愛される理由かもしれません。

ノリタケ食器の歴史

1876年東京銀座に貿易商社森村組を設立した森村市左衛門が、アメリカで民間人による日本初の海外貿易を開始しました。1889年パリ万国博覧会で出会ったヨーロッパ製の美しい陶磁器に「この白い磁器を日本で作りたい」と決意し、ヨーロッパに技術者を派遣、国産原料を使った白色硬質磁器作りを始めたのです。

1904年愛知県愛知郡鷹場村大字則武にノリタケの前身となる日本陶器合名会社を創立、近代的な設備を整えた工場を建設しました。この則武という地名が「ノリタケ」ブランドの由来です。 そしてついに1914年日本初のディナーセットが完成。ノリタケブランドは欧米で絶大な人気を博し、日本の外貨獲得にも貢献したといわれています。ノリタケの歴史は、まさに日本の洋食器の歴史とも言えるのです。

ノリタケといえば「ボーンチャイナ」シリーズ

「ボーンチャイナ」は18世紀の英国で最初に作られた磁器の一種です。ノリタケの歴史は1889年パリ万博での白く美しい洋食器との出会いからはじまり、1914年に「白色硬質磁器」を用いた日本初のディナーセットを完成させました。その後、1932年日本で初めて開発に成功したのが「ボーンチャイナ」です。

「白」にこだわったノリタケのボーンチャイナは、気品を感じさせる温かみのある肌合いや清純な透光性、艶やかな光沢を備えています。和食との相性も抜群で、日本の伝統的な漆器などと組み合わせても違和感がありません。

40種類を超える柄が!

洋食器でありながら日本の食文化ともなじむノリタケのボーンチャイナには、40種類を超える柄があります。代表的な「ヨシノ」は桜の名所である吉野山から名付けられ、日本人が愛する桜への想いをオリエンタルな唐草文様で表現しています。またペルシャ風の花模様が美しい「花更紗」は、気品のあるデザインが世代を超えた人気です。ゴールドの文様に繊細なレース模様があしらわれた「オデッサゴールド」は、ディナーウェアとして一式揃えたいシリーズです。

特別なひと品に。ノリタケのおすすめ商品5選

1. 結婚祝いには「ファインポーセレン レースウッドゴールド ペアカップ」

清楚なブルーと可憐なピンクのやさしい色調と、フェミニンなレース模様はまるでドレスのよう。コーヒー・紅茶どちらにもお使いいただける人気のカップ&ソーサーです。結婚祝いのプレゼントにピッタリのテーブルウェアですね。

2. 目上の方への贈り物に「ブルーソレンティーノ 16cmプレートセット」

ブルーで描かれた更紗調のモチーフは、和・洋・中どんな料理にも調和するデザインです。食材の色味を際立たせるブルーソレンティーノの銘々皿は、目上の方への贈り物におすすめです。

3. 結婚記念日のプレゼントに「花更紗 マグカップペア」

ゆるやかなシェープに配されたペルシャ風の花模様が、洗練された美しさを放つ「花更紗」シリーズ。気品のあるデザインで色違いのペアマグカップは、結婚記念日などの御祝いに喜ばれること間違いなしです。

4. ディナーセットを揃えるなら「ハンプシャーゴールド アクセント」

特集

SPECIAL CONTENTS