ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

ひとり暮らしのキッチンレイアウト3選

1. 使い勝手よしのカウンターデスク

シンプルに横一列にキッチン動線を並べたレイアウト。狭い空間ですが、横一直線で台所仕事が完結しているのでとても使いやすいレイアウトです。長方形のテーブルをダイニングやカウンターとして設置。ちょっとしたリラックス空間になっていますね。

2. 色味と素材を統一させて整頓された雰囲気に

収納棚や食器棚、キャスター付きの台を使って、狭いながらも収納を充実させたレイアウト。白や木目といった収納棚や電化調理器具の素材や色味を統一させているのも、キッチンをまとめるのに一役買っています。

3. キッチンカウンター設置で作業場所も拡大

市販のカウンターを設置したレイアウト。カウンターとしてだけではなく、料理をするときの作業台としての役目も果たしてくれるアイテムです。キッチンとリビングの境界線がないお部屋では、その境目を作るアイテムとしても使えます。

おしゃれなキッチンレイアウト3選

4. キッチンカウンター下収納を有効に使う

アイランド型のキッチンや、市販のカウンターテーブルを設置したときにはカウンター下の収納になにを置くかは悩みどころ。フェルクロスのバスケットを入れて、主にリビングで使うものを収納したアレンジですが、収納の大きさや方向によってはキッチンで扱うもの、掃除用具などを収納しても使いやすくなります。

5. 基調となる色に合わせてディスプレイ収納

見せることに特化したレイアウトのキッチン。赤とナチュラルな木目を基調としたキッチンで、ディスプレイ棚に収まっているものも同系色でまとまっていておしゃれですね。デッドスペースになりやすい天井近くのアレンジも忘れていないのが印象的です。

6. カフェ風レイアウトでかわいく機能的に

デッドスペースになりがちなキッチンの端っこ。そこにガラス戸の棚やカウンターに収納を置いて、カフェやお店風にアレンジしたレイアウト。今までなかった場所に収納が置かれ、プラス見た目もおしゃれになるので一石二鳥のアレンジ方法です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS