ドンペリピンク(ロゼ)の特徴と味わい、当たり年まで徹底解説

シャンパンの王様といわれるドンペリは白が一般的ですが、ピンクもあるのはご存知ですよね。グラスのなかで立ち昇る気泡を見ているだけでうっとりするドンペリピンク。その特徴や味、お店での価格や相場、当たり年といわれるドンペリピンクをご紹介します。

通称「ドンペリピンク」ってどんなもの?

一般的に「ドンペリピンク」や「ピンドン」と呼ばれることが多いですが、正式名称は「ドン・ペリニヨン ロゼ ヴィンテージ]」といいます。フランスのモエ・エ・シャンドン社が製造するシャンパンで、淡いピンク色が特に女性の間で人気です。

ぶどうの産地や製法に厳格な決まりのあるシャンパンのなかでも、ドンペリは8年以上熟成させた高級シャンパンとして知られます。そんなドンペリよりも長く、10年ほど熟成させたものがドンペリピンクなんです。

「ロゼ」と「ドンペリピンク」は同じ!

ドンペリ・ロゼのボトルをよく見ると分かりますが、貼ってあるラベルが薄いピンク色をしています。またグラスに注いだ液体が淡いピンク色であることからも、日本では「ドンペリピンク」の愛称で呼ばれることが多いですね。

ドンペリピンクの特徴と味

原酒に少量の赤ワインを加えて着色する、アッサンブラージュ法で作られているのがドンペリピンク。色の調節が容易なための製法ですが、赤ワインの渋みを抜くために長期熟成が必要になり、より手間と時間のかかるシャンパンとなります。

こうして完成したドンペリピンクは、爽やかでフルーティーな香りとコクがあって深みのある味わいが魅力。泡が細かくバランスのいいシャンパンとして人気で、どんな料理にも合うと評判ですよ♪

ドンペリピンクの相場はどれくらい?

一度栓を抜いたら保存できないシャンパンですので、お店ではボトルで購入する必要があり、かなり良心的なお店でも1本で7万円以上はします。それ以前に普通のレストランで、ピンクを置いているところはほとんどないでしょうね。

ちなみに通販では普通のドンペリ白が、1万5千円から2万円ほどで販売されているのに対して、ピンクはその倍以上の3万円台から5万円台で販売されています。

ドンペリピンクの当たり年で選ぶ!おすすめ3選

原料であるぶどうの品質は毎年異なり、力強い年とそうでない年があります。当たり年のぶどうは、長期熟成に耐える力を持っているということなんです。そんな当たり年に作られたドンペリピンクのいくつかを紹介します。

1. 1996年

アメリカのロバート・パーカー氏が考え出した、100点満点の採点法がパーカー法と呼ばれ、点数がはっきりと出ることから消費者にも分かりやすいと評判に。そんなパーカー法で97点の高得点を獲得したドンペリピンクです。

2. 2002年

ワイン評論家の味の表現法が抽象的で、素人には分かりにくいという意見が大半でした。そんな従来の常識を破るために生まれたパーカー法で、2002年ものは98点を獲得したことから、この年は超当たり年といわれています。

3. 2004年

アイルランドの歌手ビョークと映像作家カニンガムとのコラボによって作られた限定ドンペリです。従来のピンクのラベルとは異なり、黒地にピンクの文字が目を引くデザイン。各メディアの評価が平均94点にもなる逸品です。

ドンペリピンクをお家で♪

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

☆ゴン

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう