ライター : エマ

“食”を通じて、いろんな人と関わりたい。ライターとして、食の理解者として、日々いろんなことを勉強中。

和室に合うテーブルってどんなもの?

和室をかっこよくおしゃれに見せるには、家具の高さをそろえることが大切です。フラットで直線の多い和室では、いろいろな高さのものを置くとちぐはぐに見えてしまいがち。 特に高さの低いインテリアは、統一感が出やすいのでおすすめです!まずはローテーブル選びから始めてみてはいかがでしょうか? また、和モダンな雰囲気を出したい方や個性的な和室にしたいという方は、あえて洋風のテーブルを合わせるのも効果的です。お部屋の雰囲気とテーブルなどのインテリア、互いが上手に引き立て合うような空間作りを心がけてみてください♪

和室にぴったり!和風ローテーブル5選

1. 丈夫なアカシア無垢材で作るアジアンテーブル

ITEM

アカシアウッド無垢材テーブル 幅150cm

サイズ:150×90×34cm、素材:アカシア

¥46,780〜 ※2018年04月03日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

衝撃に強く、丈夫なアカシアウッドの無垢材を使ったローテーブルです。テーブルの直線的な木目と畳の雰囲気がぴったりで、アジアンリゾートのような雰囲気に!表面にはダメージ加工をほどこし、アンティークのような風合いを出しています。

2. 丸みのある折りたたみテーブル

ITEM

ビーチ材の円形折れ脚テーブル

サイズ:80×80×35㎝、素材:ビーチ

¥14,880〜 ※2018年04月01日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

やわらかな雰囲気が魅力的なビーチ材を使った円形テーブルです。しっかりした脚が、グラつくことなくテーブルを支えます。重厚感がありながらも、折りたためるのでコンパクトに収納可能♪ 脚の裏にはフェルト素材のすべり止めがついており、傷がつきにくい仕様です!

3. 武骨で重厚感アップ!折りたたみ座卓

ITEM

ローテーブル折りたたみ座卓 幅150cm

サイズ:150×90×34cm、素材:タモ突板・ウレタン樹脂塗装

¥26,800〜 ※2018年04月01日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

150cmの広い幅が嬉しい、折りたたみのローテーブルです。天板のフチにほどこされた“なぐり加工”という波の削り模様がおしゃれ♪ 脚を折りたたむことができ、使わない時には収納すれば和室をフル活用できます。カラーは2色あり、なりたい雰囲気に合わせて軽めor重めなテイストを選択可能です。

4. 籐の魅力たっぷり「ワフウ サンフラワーラタン」

ITEM

ワフウ(WAHOO)サンフラワーラタン サイドテーブル

サイズ:55×55×40cm、素材:ラタン(籐)、ガラス

¥17,999〜 ※2018年04月01日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

軽くてしなやかなラタン(籐)とガラスを使った小さめのテーブルです。座卓だけでなく、コーヒーテーブルやサイドテーブルとしてもおすすめ!片手で簡単に持ち運べるため、女性や高齢者でも、掃除の時などの移動が楽ちんです。

5. 楕円形がスマートなウォールナットのローテーブル

ITEM

ウォールナット 折りたたみローテーブル

サイズ:100×50×32.5、素材:ウォールナット、天然木

¥11,315〜 ※2018年04月01日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

楕円形のおしゃれなローテーブル。和室のセンターテーブルにぴったりの、幅広ゆったりサイズです!表面のスベスベ感が気持ちよく、スタイリッシュなカラーとフォルムが特徴的。脚は折りたためるので、その都度出し入れできて便利です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS