ライター : koku_koku

とある郊外に在住。2児の母。 やや健康オタク。発酵、運動、いろいろ取り入れて風邪知らず。みなさんに「そうそう!こういうの知りたかった!」と思っていただけるようなものを書いて…もっとみる

アウトドア用折りたたみテーブルの選び方

バーベキューやキャンプ、グランピングをしているとき、お外で食べるときにもおしゃれにおいしく楽しみたいですよね。アウトドア用テーブルはそんなときに大活躍。これから新しく購入予定の方や買い替えの方は必見です。まずは選ぶポイントを整理しましょう。

持ち運びやすさ

山や海、川などは駐車場から現地までのアクセスが悪い場所もありますよね。重い荷物をかかえて移動するのはとても大変です。軽量なものやコンパクトに折りたためるものを選びましょう。脚が細く、折りたためるタイプがおすすめです。

ハイタイプorロータイプは用途別で!

テーブルの高さも重要です! ピクニックやお子さんの運動会で使うならロータイプがおすすめ。座って食べるシーンには最適です。反対にバーべキューの食材を置く場合や、鍋やコンロを直接置きたい場合は高さがあるものがおすすめです。いろんなシーンに合わせたい方は、高さが調整できるものがよいでしょう。

おしゃれさも忘れずに選びたい

おしゃれを外せない方も多いはず!せっかく計画を立てて出発しても雰囲気が台無しになるようなテーブルは避けたいですよね。木や強化ガラスなどあなたのイメージに合わせてすてきなテーブルをチョイスしましょう。

超軽量!コンパクトな折りたたみテーブル5選

1. 重さ15kgまで耐えられる「Winhi アウトドアテーブル」

ITEM

Winhi アウトドアテーブル

展開したサイズ:58cm×42cm×42cm
重さ:およそ600g

¥2,380 ※2018年03月29日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

コンパクトかつ超軽量で、電車で移動するときにもラクラク。コンパクトカーでも場所を取りません。耐重量が15kgなので買い物袋やカセットコンロを置くのも安心。高さがあるので、野菜を切ったり、お肉を置いておく台にしてもよいですね。

2. ピクニックにぴったり「North Eagle テーブル」

ITEM

North Eagle テーブル

サイズ:60.7cm×55.1cm×23cm
重さ:およそ1.13kg

¥980 ※2018年03月29日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

ピクニックやお子さんの運動会で大活躍のロータイプのテーブルです。飲み物を入れる収納ケースもあるので、うっかりカップをこぼしてしまったなどのハプニングがありません。汚れてしまってもさっと拭き取れる素材なのも便利ですね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS